働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

戦闘員、派遣します!3

戦闘員、派遣します!3【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
キサラギ本社からアジト建設を早く進めろと指示が入り、六号たちは作業に追われていた。しかし、先の戦いでデストロイヤーを転送してもらい、悪行ポイントはマイナス。建設に必要な重機や物資を取り寄せるために彼らがとった行動は――お城に住むティリスの部屋へ日夜侵入すること!?そこでは宴会芸秘技【チョンマゲ】を凌ぐ〇〇が行われていて!?
一方、アンデッド祭りを取り仕切るグリムは悪霊の依り代となる人形を作り、真面目に準備を進めていた。その活動を逆手にとり、またしても魔王軍が襲いかかろうとしているともしらず……。
バカとマジメが交差するとき物語は――な、第3巻!

六号を筆頭にこいつらの行動と思考回路が予想の斜め上を突き進み過ぎてヤバいww
キサラギ本社からの物資の輸送に必要なポイント集めに奔走するのはいいけれど悪行ポイントの加算条件も意味不明過ぎて、お城に住むティリスの部屋に忍び込んで寝てる合間にあんなことやこんなことをやらかしてますね。
いや、皇族の私室に不法侵入するレベルで国家レベルの大事件だったり、何の罪もない女性の前でわいせつ行為に及ぶのも相当ヤバいですけれど、世界観とか常識がぶっ壊れてる人たちなので全てがギャグコメでひとまとめにされてしまう。
六号の余罪の数は計り知れないけれど、なんだかんだでアンデッド祭りを取り仕切るグリムも行き遅れをこじらせたメンヘラヒロインに回ることもあれば聖職者として常識を唱えたり、科学技術の粋を尽くしたアンドロイド生命体のアリスはファンタジー世界の事象にメッチャ悪態をつくけどなんだかんだで常識を兼ね備えていたり。ボケる側とツッコミ側のキャラクターが状況に応じて常に移り変わっていて、掛け合いのひとつひとつが常にギャグに染まっていて超面白い。
このすばの作者の個性が存分に発揮されている素晴らしいファンタジー作品でした。