働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友達の妹が俺にだけウザい

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

《あらすじ》
馴れ合い無用、彼女不要、友達は真に価値ある1人だけ。青春の一切を「非効率」と切って捨てる俺・大星明照の部屋に入り浸るやつがいる。妹でも友達でもない。ウザさ極まる面倒な後輩。親友の妹、小日向彩羽。
「セーンパイ、デートしよーーっ! ……とか言われると思いましたー?」
血管にエナジードリンクが流れてそうなコイツは、ベッドを占拠したり、寸止め色仕掛けをしてきたりと、やたらと俺にウザ絡みしてきやがる。なのに、どいつもこいつも羨ましそうに見てくるのはどういうワケだ? と思ったら彩羽のやつ、外では明るく清楚な優等生として大人気らしい。
おいおい……だったら、どうしてお前は俺にだけウザいんだよ。

ga.sbcr.jp


“好きな娘子には意地悪をしてしまうものだ”。そんなものは非効率であり、本当に好意を寄せるなら優しく接したほうが効率的である。
そんな心情を胸に人生を歩む主人公がいろいろと拗らせた結果、妙に絡んでくるウザ過ぎる親友の妹と偽装彼氏を嫌々やらされる従姉妹からの好意に謎のフィルタリングがかかり、「こいつら、絶対に俺のこと嫌いだろ!!」という謎の結論に至る学園ラブコメ
まず、女の子は好きでもない相手に胸を押し付けないし、明らかにボディータッチが多いし、わざわざ学年が違う教室に頻繁に足を運ばないし、わざわざ転校してあまつさえ同じクラスになるように手配しないし……、何もかもが好意のあらわれなのに全部スルー。やっかいなのが、彼女たちの好意の根幹には相応のエピソードがあり、主人公が手を差し伸べたことで人生のターニングポイントを迎えたことに対する感謝と尊敬の念が込められていて、深みのある好意であり行為でもあることが感じられます。
もっとも、物語でもあるので、SNSで修羅場が巻き起こりそうな不穏なやり取りが交わされていたり、様々なめぐり合わせを通じて関係を一歩進めようとする動きが見られたり、彼女たちの好意の根幹が明かされた現状からこのラブコメがどう展開されていくのかがとても楽しみではありますね。
現状では、ハッキリと“好きである”ことを告げるにまで至ったヒロインがいるわけですけれど、これを素直に受け取るか逆にとらえるのか……。どう転んでも面白くなる予感しかしないので続きが気になります。
個人的には親友の妹である小日向いろはす推しです。