働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

編集長殺し (5)

編集長殺し (5) (ガガガ文庫)

《あらすじ》
編集長の様子がおかしいです。浜山さんの連絡ミスで刊行延期になったのに、おとがめなし。これではただの幼女!ただごとではありません。私、川田をはじめとした編集部員の出した結論は―ラーメン屋さんへのジョブチェンジ。「池袋を激戦区と呼んでいた」「背表紙を背脂と言い間違えた」などの証言が飛びでます。編集長は、本当にギギギ文庫から去ってしまうのでしょうか…?―ゴッドハンド役員の視察、荒れる新人賞選考、帰ってきたスーパーゴロ。かつてない衝撃が業界を襲う!?かもしれない編集部るぽラノベ第5弾!

このラノベはフィクションです。実在の人物や企業とは一切関係ありません』
どれだけ取り繕っても、“ラノベ編集者はキチガイ”、“ラノベ編集者はブラック”のイメージしか植え付けられない。
こんな業界に勤めれたら趣味が睡眠、好きな飲み物はエナジードリンク、好きな言葉は定時退社の社畜にマインドコントロールされそうです。
なんか実在するラノベレーベルの名前でガガガ文庫っていうものがあるんですけど、ギギギ文庫って名前とよく似てますね。
もしかしたら、ノンフィクション作品なんじゃないですか?
もしかしたら、作者と編集者の内部告発じゃないですか?
これは注意喚起に『このラノベには暴力的(精神的)または猟奇的(精神的)な記述・表現が含まれています』の但し書きも加えないとダメですね。
ラノベが好きでいろんなラノベ業界物も読んできましたけど、『爆死案件』とか『売れなさ過ぎて打ち切り案件』とか胃痛がヤバいです。生々しすぎて六君子湯が欲しいんゴ!!

えー、えー、ラノベ業界に勤めるキャラクターたちの日常がぶっ飛びすぎてとても楽しませてもらいました。シリーズ最終巻なのが惜しいですけど、次回作も楽しみにしてます。