働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって

継母の連れ子が元カノだった2 たとえ恋人じゃなくたって (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。
両親の前では“家族”らしく振る舞うも、二人きりになるとあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で――。
そんな中、水斗の前にぼっち系オタク少女・東頭いさなが現れ、二人はすぐに意気投合! 図書室で放課後を過ごす関係に!?
ただの気の合う友達だと真顔で言い張る水斗といさなの、友達以上な距離感に結女はやきもき。しかも、
「わたし、水斗君の彼女に、なれますか……?」
徐々に水斗への恋心を自覚していくいさなを、”水斗の義姉(おねえちやん)”として応援することに!?
恋と友情ときょうだいの絆が錯綜する、『水斗攻略作戦』が始まる!

元恋人同士が義理の家族になった水斗と結女。
恋愛脳に侵されていたときを黒歴史として語り続けられ、弱みも好みも恥ずかしい思い出もお互いに握られているシチュエーションが新鮮です。ちょっとしたすれ違いがきっかけで破局となった現在の心境は、お互いのことを憎からず思っているけど素直になれない、そんな拗らせ気味な距離感を保っているやり取りがほとんど。そのために、水斗がぼっち系オタクで読書の趣味も意気投合して図書室で放課後を毎日過ごす関係にまで発展した東頭いさなに嫉妬とやきもちを抱くし、義理の家族のポジションから水斗の攻略作戦をプロデュースしていさなの初恋を応援したり、義理の家族という肩書が水斗と結女の関係をこじらせているせいで二人の日常がたまに斜め上の方向にそれていて滑稽に映ります。
もっとも、水斗と結女の元恋人関係はまだ当人たちを除いて家族を含め誰にも明かされていない状況なので、これが露呈したらしたで外野からも盛大にいじられたり、よりいっそうお互いがひとつ屋根の下で暮らしている状況を意識して面白くなりそうなので、そんな展開がちょっと楽しみではあります。
この義理の家族の二人が結ばれたときは、末永く爆発してもらいたいです。