働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2

虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
周囲の心を殺すほどの圧倒的な才能『虐殺スペック』。低スペックな俺、九木野瀬伊吹は、“万能”の虐殺スペックを持つ絶対的美少女・赤三月朝火の人生攻略本制作に巻き込まれてしまった。夏休み前の休日に出かけた俺は、本屋で出くわした朝火に誘われ、黒花とともにテニスの試合を見学することに。試合を優位に進めていた朝火だが、あろうことかケガをしてしまう。真意を問いただすと、「人間関係」の攻略法のためにサンプルを取ったとか言い始め!?そして、『あいつ』も学校にやってきて―。低スペックが虐殺スペックと挑む人生攻略本制作、第2巻!

万能の虐殺スペックを持つ本当の天才が非凡ながらも活躍する同世代の人間を完膚なきまでに叩きのめす光景。そして、チームの勝敗の行く末を担う重要な人間が負傷したとき、チームメイトはケガをおして出場させるのか否か……。窮地に立たされたときこそ、人間の本性が現れてくる。
人生の攻略本政策を掲げる部活動の一環であり人間関係の攻略本つくりのためのアクションではあるけれど、そこから得たサンプルが人間不信に陥りそうなレベルのクラスメイトのダークサイドでかなりエグイ。人間関係をスムーズにいかせるための本音と建て前、自分の失敗を外的条件に求め成功を内的条件に求めるセルフハンディキャッピングを真正面から論理的に指摘する人間がいたらそのコミュニティは一発で崩壊しますね。
あくまでも人生の攻略本作りであり、行動に対する結果のサンプル集めなので、サンプルを盗聴後も人間関係に亀裂が生じるようなアクションは全く起こしてはいないけれど、学園ものとしてはかなりエグイタイプ。
謎部活系ともカテゴライズはし難いし、捻りの効いた学園ものくらいがちょうどいい認識です。
まあ、自分としてはこれくらい捻りの効いた作品のほうが、キャラクターの行動が奇想天外で予想がつかないほうが先々の展開にワクワクするのでわりと好みのタイプの作品ですね。