働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

2年B組は全滅しました

2年B組は全滅しました (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
「安心しろ。おまえら馬鹿ばっかだから、頭のいい俺が使ってやる」国崎東高校の2年B組は全滅した。……俺、都築紫苑を除いて。突然スマホが暴走し、異世界へと転移させられた国崎東高校の生徒たち。そこに現れたのは神を名乗る謎の存在。一人に一つチートスキルを与えられ、モンスターが徘徊するダンジョンを攻略させられることに。モンスターを倒してポイントを貯めれば、元の世界に戻してくれるらしい。だが、日頃からまとまりのないクラスの奴らは好き勝手に行動し、全滅してしまった。バカな奴らだ。しかたないから、チートと、ある方法で手に入れた能力を使って、俺がクラスメイトたちを復活させ、ゲームクリアに導いてやるよ――。

タイトルのインパクトと主人公の都築紫苑を除く全員が冒頭から死亡する衝撃の展開。争いとは無縁のごく普通の高校生たちが身の丈にあわないチート能力を手に入れたことで理性のたがが外れて暴走を繰り返し、スクールカーストによる力の支配とクラスメイトどうしの醜い論争が窮地に立たされたときにこそ現れる人間の本性がダイレクトに伝わってきて衝撃を受けるばかりでした。
特に「こいつはゾンビがお似合いだ会議」は面白かったです。ダンジョンでモンスターに殺されたクラスメイトたちの魂の器として提供されたホムンクルスの肉体を前に、不足した人数分は腐敗した体(ゾンビ)を提供され、肉体的にも精神的にも死亡が決定づけられる盤面を民主主義的に話し合いで決めるシーン。スクールカーストが形成するクラス内の空気や同調圧力、集団心理を濃縮したクラスメイトたちの酷いなしつけあいが阿鼻叫喚の渦を巻き起こしていて、酷い有様でした。
そんなゾンビ会議の発案者である主人公のゲスさはさらに上回っていましたけど、イキりヤンキーたちを気持ちよくぶち殺してるところはスカッとしたので終わり良ければ総て良し。
クラスメイトたちを無事に現代の日本に帰還させて1巻完結かと思いきや、大きく風呂敷を広げてさらには続巻まで刊行が決まっているらしいです。
正直、1巻完結のほうが傑作として片付きそうだったので、2巻の刊行が蛇足となるか不安ではありますが、とりあえずは新刊に期待を寄せたいと思います。