働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか?

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか? (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
「妹のブ、ブ、ブラ持ってニヤニヤしないでよ、へんたい!」俺と妹・二美の日常はだいたいいつもこんな感じだ。昔は一緒にゲームしたりと仲も良かったんだが、いわゆる思春期的なころから気まずい関係が続いていた。なかなか解決策もないまま趣味のネトゲに没頭する毎日な俺。それでも、ゲームを通じて学年一の美少女・真木穂乃香と仲良くなれたし、ゲーム内でもライバルギルドのマスターにして超絶ブラコンなヴィオレットをはじめとする、愉快な仲間たちと楽しく過ごせている。それがせめてもの救いか……と思っていたら。ある日、俺はヴィオレットのプレイヤーの正体を知ってしまい……!? 素直になれないポンコツ妹との学園ラブコメ

昔は仲が良かった兄妹が思春期に入って気まずい関係が続いていたところに、ゲームを通じた出会いでお互いのリアルが割れる羽目に……。
まさか一緒にプレイしていたのが実の兄で、超絶ブラコンなことが本人にバレて、リアルでそれを本人に真顔で問い詰められる妹が爆誕する展開が生まれるなんて。黒歴史と一生のトラウマが植え付けられる心情がむず痒いほどに共感できますねww
それでいて、妹・ニ美の同性のクラスメイト達が年を重ねて大人に近づくにつれてゲームという娯楽から離れていくなかで、他人となかなか共有できない趣味に興じる孤独な環境と人間関係を築いている姿がしっかりと描かれていて良いと思いました。

しかしながら、学園ラブコメにしては妹に比重がやや傾いていて他のゲーム仲間の高槻裕子や真木穂乃花とのイベントがやや薄味に感じるし、VRゲームにしても終盤のギルドメメンバーの過半数が一気に脱退して崩壊の危機に瀕したわりには、動機づけが弱くて当人たちが何をしたかったのかイマイチわからなかったです。仮に廃人ゲーマーたちがギルド運営に不満を抱いていたとしても、あそこは脱退よりもギルドマスターに対する下剋上が最善の選択ではないですかね。もっとも、ギルド単位で関わるゲームをプレイした経験は限りなくゼロなのでわかりませんが、ちょっと展開がしっくりとこなかったです。