働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あまのじゃくな氷室さん5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
待ちに待った学園祭が開幕!愛斗は約束通り、学園祭限定カノジョとなった涼葉と一緒に学園祭を過ごす。一方、涼葉が模擬店のシフト中に、ここぞとばかりに雅がアタックしてきたり、遊びに来た愛斗の母親が涼葉の前に立ちふさがったりと、涼葉と学園祭を楽しむには一筋縄ではいかなかった。だが、成長した涼葉も負けずに、立ちふさがる愛斗の母親に「私が彼を慕う気持ちは永久に変わりません!」と真っ直ぐにぶつけた。そんな一波乱があった学園祭直後、なんと愛斗は母親が入院することになり急遽一人暮らしに。そこへ、これはチャンスとばかりに涼葉と雅が押しかけて―!MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ最終巻!

最終巻に展開を詰め込み過ぎて駆け足になった感じは否めないですが、スパッと結末まで書ききれたことに対してひとりのファンとして感謝したいです。
当初は田島愛斗×氷室涼葉の学園ラブコメに始まりサブヒロインに砂城雅の関係性でしたけど、徐々に雅のなかの恋愛感情が育まれていき愛斗に対する好意をハッキリと自覚してからの猛アプローチが健気で可愛くてしょうがなかったです。ダブルヒロインの学園ラブコメにまで進化していて、涼葉も雅もどちらが愛斗の恋人に選ばれても文句のつけようのないくらいにキャラメイクがされていて素晴らしかったです。
雅に関してはランラから子どもを授かる将来像について言及されていましたし、元々がサブヒロインとは思えないくらいに存在感とエピソードに恵まれたキャラクターでした。各キャラクターの一人称視点で描かれているときの思春期らしい喜怒哀楽に富んだ心理描写もキャラクターを魅力的に見せるラブコメ展開によりふんだんに描かれていて、とても心地の良く楽しむことができました。

うなさかさんがイラストを担当された作品を読むのはおそらくこれがはじめてだとは思いますが、自分の好みのイラストをツボにはまるのでこれからも担当される作品があれば追っていきたいと思います。
たまに登場する涼葉のSDキャラが妙にハマったのと、モノクロの挿絵がカラーにも見劣りしないクオリティーで挿絵になるシーンをどんな構図とキャラクターで描いてくれているのか、ページをめくるのが楽しく感じられました。

新人賞受賞でデビューに始まり、このラノにもランクインして最終巻まで走破したとても恵まれた作品だと思いますので、興味のある人は是非手に取ってみてください。ひとりのラノベ読みとして面白さは保証します。
次回作も楽しみにしたいと思います。