働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

天才王子の赤字国家再生術4~そうだ、売国しよう~

天才王子の赤字国家再生術4~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

《あらすじ》
「心配だああああああああああ!」新たな皇帝を決めるため、三人の皇子による会談が持たれることになったアースワルド帝国。ロウェルミナ皇女からその舞台となるミールタース市に招待されたウェインは、これを華麗にスルー。するはずが、なぜか代わりに妹姫のフラーニャ王女が出席することに!一体、どうしてこうなった!?懐刀のニニムを付けて送り出すも、不安のつきないウェインは結局自らも帝国に向かうのだが―新たな外交の舞台で待ち受ける旧友たちとの再会。燻る戦争の火種。そしてもう一人の怪物が歴史の舞台に姿を現す、弱小国家運営譚第四章、開幕!

アースワルド帝国の新たな皇帝を決めるための会談の席に招待されたウェイン。何の因果か代わりにフラーニャ王女が出席して初めてのお仕事デビュー!!
アースワルド帝国の皇女で旧友のロウェルミナと三人の皇子の権謀術数が絡み合う政争が激しく繰り広げられつつ、国の行く末を背負う立場とは思えない突飛で予測不能な行動にウェインの天才的頭脳が翻弄されるところが面白いです。
ウェインのような論理を積み重ねていき、真っ当で最も可能性の高い選択肢を予測していくタイプのキャラクターであるがゆえに、馬鹿が感情に任せて無策に飛び込んでくる行動にはめっぽう弱い。
そんな、弱小国家を運営するひとりの王子が天才過ぎるがゆえに外交の場で起きているとは思えないコミカルな展開に翻弄されるのが魅力です。思考整理と状況の把握、現状の共有もかねてウェインの思考開示が丁寧に描かれている点もあり、読み手に対してもナトラ、アースワルド帝国の陣営が陥っている状況が詳細に伝わってくるので、よりいっそう馬鹿の取った行動のイレギュラーさが際立ってきて面白く感じる作品です。