働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ワールドエンドの探索指南

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)

《あらすじ》
ボクたちが生き延びるには『地図』が必要だ。安全な場所が記され、『ミサキ』と呼ばれる怪物たちを見つける道標となるものが。丘の上に立つ謎の“学園”で目覚めたボクは、今日も仲間たちと探索に出かける。6人でチームを組み、無人の街を調べ、力を合わせてミサキを倒す。貢献に応じて支払われるポイントで装備を新調し、更なる奥地を目指す。これがボクらの毎日。いつ終わるとも知れない冒険の中、ある時、ボクはこの世界への違和感を訴える女の子と出会い―。
終末の〈学園〉で始まる、ボクと彼女のサバイバルファンタジー
さあ、地図をつくろう。ボクらの世界を取り戻すために――。

dengekibunko.jp

現代社会ほど衣食住が安定しない退廃的な世界観。生き延びるために仲間たちと探索に出かけ、いつ終わるとも知れない冒険のなかで地図を作り続ける。
安心が失われた世界で『ミサキ』と呼ばれる怪物たちを相手に戦いを繰り広げる少年少女たち。人類が武器を生み出し先人たちが情報をもとに『ミサキ』に抗いながらも、怪物を前に儚く散っていく少年少女の命からは人類側の脆さと終末をたどる時勢の流れを容易に想像させられる物語でした。

そんなポストアポカリプスにカテゴライズ作品でしたが、主人公たちが暮らす『学園』とこの世界への違和感をきっかけに物語の流れは大きく変わり始めました。
『学園』が管轄する貢献に応じて支払われるポイント、『ミサキ』に関する調査報告書の不具合、この世界への違和感を訴える女の子との出会い……。
様々な要素を総合して『学園』を管轄する管理者側に対する不信感につながり、世界を取り巻く真相を追求していくことになります。
『ミサキ』という明確な敵対生物よりも身近な人類に黒幕が潜んでいることに対する驚きと、底の見えない第三勢力の存在がこの世界へどのように介入しているのか。
中長期路線で構築された作品の世界観と単純に読んでいて「面白い」「続きが読みたい」という感想が抱ける素晴らしい作品でした。

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)