働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

白魔法クラスの大忍術師

白魔法クラスの大忍術師 (MF文庫J)

《あらすじ》
インペリウム魔法学園。大陸で唯一の魔法学園にして、大陸を分かつ六国が六系統の魔法を武器に神樹の魔力、ひいては次の世界の覇権を争う戦場でもある。しかし、そこに現れる一つの影―全魔法士の仇敵“ニンジャ”。「ユウマ、お前には魔法学園に行ってもらう」「いや、俺ニンジャなんだけど!」なぜか魔法学園に潜入することになった名門一族の次期当主・御影ユウマは、入学試験を飛び越え例外生として白魔法クラスに所属することに成功する。そこで工作の最中出会った美少女魔法士・アルフティアと行動を共にすることになり…!?大忍術師の暗躍譚、開幕。

六国の六系統の若き魔法士たちが神樹による自国の繁栄“豊穣の儀”のために競い合うインペリウム魔法学園。“豊穣の儀”の裏で暗躍する存在に対処するために潜入したのは、全魔法士の仇敵であるニンジャ。
大陸で六系統に分類されない忍術を有するニンジャが例外生として各クラスをさせられることになる。

全体的な感想としてはニンジャ×魔法学園ファンタジーをミックスしたやや王道なジャンル。メインストーリーが『豊穣の儀を崩壊させることによる大罪法術の実現』を防ぐことに収束していくことから、中長期的な物語の展開や主要なキャラクターのバックボーンが御影ユウマの周囲にどのように波及していくのかが非常に気になります。
陰謀論や暗躍が特異なニンジャなだけに、洞察力も潜入捜査も魔術的な情報収集能力も非常に高いために、人間の内面をズバズバ筋道立てて暴いていきます。そこからキャラクター個人のパーソナルな部分を丸裸にしていくことで、学友のひとりが一癖も二癖もありそうな意味深なキャラクターに成りあがっていて、先々の展開で伏線をどう消化していくのか興味もわいてきて楽しめました。

そういえば、魔法学園に潜入する前に表立って与えられた任務が『魔法士のお嫁さんを見つけてくる』ことでしたね。美少女魔法士で高貴な血筋のアルフティアという最高のヒロインもいるし、他クラスの美少女キャラクターもまだまだいますし、ラブコメ展開の潜在能力も高いです。

総合的には手堅く王道風味のニンジャ×学園ファンタジーといった感じですかね。個人的にも結構面白い作品でした。