働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

綾瀬さんは貢ぎたい!

綾瀬さんは貢ぎたい! (GA文庫)

《あらすじ》
高校一年最初の日。新生活に胸を膨らませる俺は、可愛さの化身のような巨乳の同級生・綾瀬小雨から「あたしの想い、受け取ってくださいっ」―百万円を渡された。断っても、ひたすら俺に貢ぎたがる。残念なお金持ちって怖いのな!さらには、美人な黒髪先輩の俺への独占欲が日ごとに増し、大人しいはずのうちの干物妹が、何故か夜這いをかけてきて―!?こじらせ少女が次々俺にウザ絡み!問題だらけの残念青春ラブコメディ!

愛情表現が現金と小切手な廃課金ヒロイン、独占欲丸出しでストーカー体質なヒロイン、超絶ブラコンな干物妹ヒロイン……、どいつもこいつも地雷過ぎて関わりたくねぇ!!
主人公への好感度は高いし容姿も整っているのに中身が壊滅的に酷すぎて幻想がぶち壊される。ギリギリ、主人公の交友関係から女っ気を徹底的に排除して殺傷性のありそうな倉刈ちとせが一番ヤバいから消去法で廃課金ヒロインの綾瀬小雨に軍配があがるくらい。
青春ラブコメなのにメンヘラヒロインしかいないのは極めてヤバい。青春ラブコメで主人公の貞操と肉体・精神が常に危機に瀕している状況が常軌を逸している。
ごく普通の高校に通う学生同士の何気ない掛け合いでも、それぞれが強烈に個性を放っていてラブ<<<コメディ感が強い作品です。
それでいて、キャラクター毎の属性を程よいさじ加減で物語に組み込まれているので、よくあるキャラクター毎に『このキャラクターは〇〇な性格だから全部の行動を△△にした』みたいなくどさもほとんどないところが良かったと思います。

軽いネタバレにはなりますけど唯一の主人公の心のより所だったクラスメイトも実は闇を抱えていたり「あれ、会話のなかに不穏な発言が……」「スマホの検索履歴が“女装”“調教”“メイド”“しつけ”()」などなど、期待を裏切らない急展開が満載で飽きることなく楽しめました。
まともだと信じて仲良くしていたクラスメイトの家に足を運んだらそこは地獄で、光彩が死んでるメンヘラに退路を断たれて鬼気迫るシチュエーションはこの世の闇を垣間見ました。

前作はガチガチのサバイバルアクションで微細な戦闘描写による強い臨場感と躍動感が魅力的な作品でしたが、全くジャンルの違う青春ラブコメもとても面白かったです。
是非とも、2巻に期待です。