働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊―

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

《あらすじ》
“アニマ・ディザイア”―それは人間と精霊が争う統一王座決定戦。だが世界の覇権を巡る争いは精霊の策略で公平性を失っており、彼らに搾取されるだけの人々に希望はない…筈だった。「正々堂々と戦って、みんなに認められる王様になりたいんだ!」無謀な夢を抱く少年ハルは、精霊を食らう異端の精霊エリカと出会って運命を知る―彼らには二人で一つの王の器があるのだと。奇襲・陰謀・裏切り・絶望…圧倒的逆境を熱き絆で勝ちあがる、最強バディファンタジー譚、開幕!

人間の感情により生まれ、人間の感情を糧に生きる精霊。精霊により支配された世界で玉座につく資格を有する人間と精霊たちによる戦いが幕をあける。
そこに現れたのが、精霊の食らい人間に貶める能力を持つ精霊エリカ、精霊と人間の混血児であるハルの二人。
人間と精霊がいがみ合う世界に抱く願いは、玉座を争う他の資格者たちによる幾多の陰謀や裏切りにより絶望の淵に立たされるなかでも泥臭く貫き通す姿が輝いていて、とても熱いバディバトルファンジーでした。

一人では不可能なことも二人でなら可能、一人が道を間違えたならもう一人が道を正してくれる。
まだまだ未熟な二人の少年少女が一つの玉座を目指すなか、お互いを刺激し合い切磋琢磨する光景や戦いのなかでさらなる成長を遂げる少年漫画のような熱い展開もあってとても面白かったです。
人間と精霊がいがみ合う世界のなかで、エリカの持つ能力により貶められた存在が辿る悲惨な末路もこの作品の世界観がしっかりと描かれていて引き込まれました。そして、そんな人間に堕ちた精霊たちがエリカに向けた恨みを抱くてあろう自然な行動心理が先々の展開にも上手くつなげられていて、波乱続きの戦いの演出にもなっていて良かったです。

2巻の刊行に是非とも期待したいです。

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

アニマ・ディザイア―紅き瞳の少年と灰色の精霊― (LINE文庫エッジ)

神託学園の超越者<トランセンダー> (GA文庫)

神託学園の超越者<トランセンダー> (GA文庫)