働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界サバイバル ~クラスから追放されたけど、スキルの力で生き延びる~

f:id:murabito1104:20191121000008p:plain

《あらすじ》
動物好きの高校生、仁飼睦樹は突然クラスメイトと共に異世界の密林に転移してしまう。生徒たちにはまるでゲームのような『スキル』が与えられており、危険なモンスターを撃退できるスキル持ちは皆から頼られていた。だが睦樹のスキルは「動物の言葉がわかる」というだけの微妙な能力だったため、周囲からは馬鹿にされ、生徒の集団からも追放されてしまう。ピンチに陥る睦樹だったが、実はこのスキルがとても役に立つことが判明し―!?チート級のスキルを武器に、異世界でのサバイバルが始まる!

集団で異世界に転移してゲームのような『スキル』を手に入れてサバイバル生活を始めたら……。まるでモデルケースのような人格の豹変ぶり。日本でごく平穏な日常では表に出ない内面の部分が、異世界に蔓延る危険なモンスターの存在や絶大な力を与えられたことにより自尊心が肥大化し、より人間性が浮き彫りになっていました。
また、思春期真っ盛りの高校生男女の間にある色恋沙汰や陽キャ陰キャを線引きしたクラス内カーストなどの人間関係も、異世界での集団生活にも色濃く影響を及ぼしていて面白かったです。異世界に来て倫理観や理性のブレーキが壊れ始めた高校生たちが感情の赴くままに行動し始める姿には、ある種の人間関係の縮図が描かれていていました。

かつての日本の高校ではクラスの輪から外されるようなポジションにいた主人公が異世界に転移してからのサバイバル生活を描いた作品ですが、展開はとてもサクサク進んでいき読みやすい構成となっています。
それでいて、まだまだ謎の多い異世界をあてもなくさまよわせることもなく、きちんと主人公たちの進むべき指針も定められているため、物語がとてもコンパクトにまとまっていました。程よい読後感もあり、異世界の密林を脱出したあとの主人公たちが次なる未開の地でどんな冒険をするのか楽しみにさせられる内容になっていました。