働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ

継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
いさなの告白叶わずも、すんなりと親友同士に戻った水斗といさな。
相変わらず近い二人の距離感に、心がざわつく結女だったが――そんな彼ら以上に、理解できない二人がいた。
南暁月と川波小暮である。幼馴染み同士なのに、顔を見る度にいがみ合い……。
暁月たちの仲直りを望む結女、そして二人の過去を察した水斗は、いさなを巻き込んで一役買うことに!?
きたる勉強合宿。かくして暁月と川波は、黒歴史《おもいで》に向き合うことになる。
あの頃のあだ名で呼び合い、恋人ごっこをさせられて。
それはただの“罰ゲーム”なのに、どうしてもお互いを意識してしまうこの二人も――元恋人同士なのである!!

幼馴染み同士の南暁月と川波小暮の過去と黒歴史を深掘りしつつ、元恋人同士でもある二人の関係と距離感にテコ入れする回でしたね。
ブコメ作品には『幼馴染みは負け属性』みたいな通説があって、幼少期から家族的な距離感で接して親しくなったために恋愛対象外となってしまい、恋愛において幼馴染みヒロインは敗者なってしまう現象です。
そんな通説とは少し違った別のベクトルからの幼馴染みならではのエピソードやお互いが常に近くに居過ぎたゆえの弊害や黒歴史が切実に語られていて、地獄絵図が展開されていました。思春期ならではの暴走し過ぎた行動とその末路が暁月、小暮の加害者と被害者の両視点から時系列を追っていくとその凄惨さに強烈なインパクトがあって引き込まれる魅力がありました。

そんな南暁月と川波小暮の過去と現在を追っていく一方で、水斗への告白が叶わなかったため親友へとクラスチェンジした東頭いさなの怒涛のアプローチぶりが目立つ回でもありました。個人的には暁月と小暮の二人の関係に変化を加えつつ、いさな、結女、水斗の三角関係を楽しませるといった塩梅に感じられましたね。
いさなが親友ポジション(自称)におさまったために水斗の自宅にもグイグイ攻め込んできたり、同性のような距離感でフランクに接してくるスタンスが逆に水斗の煩悩を刺激するようなアプローチにも映っていて良かったです。親友という免罪符でグイグイ来るヒロインのエロ差さがヤバかったです。しかもラノベ読みなので理想の二次元ヒロインでした。

継母の連れ子が元カノだった 1 (ドラゴンコミックスエイジ)

継母の連れ子が元カノだった 1 (ドラゴンコミックスエイジ)