働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

小泉花音は自重しない2 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録

小泉花音は自重しない2 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 (GA文庫)

《あらすじ》
発電能力を操る小泉花音と俺は異能の力が絡んだ事件を追う捜査官ストレイドッグ。精神観測者の澪ちゃんが弟子入りしてから、花音の愛がますます重いんだが…「れー君のパートナーは、この花音お姉ちゃんだからね!」祭りで賑わうN市内では、特異犯罪組織に対する警戒態勢が敷かれていた。先日の事件で“剣帝”の秘密が撮られた動画がネットに出回っているし、街で助けた謎の男も気がかりだ。油断していられないぞ花音。「きゃああぁあ!私のことで怒ってるれー君超絶かっこいい!」おいおい、空気を読んでくれ…イチャ甘ヒロインと最強主人公コンビのバディアクション第2弾!!

最強の異能力者である“剣帝”の正体が動画にアップされたことで彼の力が現在は制限されていて猫の姿をしていることが明るみに……。
剣帝の不在により犯罪率が上昇傾向にある都市。新たな特異犯罪組織の暗躍により波乱が巻き起こる異能力バトルアクション作品。

シリーズ第2巻では精神観測者《サイコメトラー》の澪が玲紀のもとに弟子入りしたところから物語が始まりました。
花音による読心術で猫状態の玲紀との掛け合いは相も変わらず。花音の発電能力で電気的なパスが繋がって意思疎通が取れると公言されたほうが納得できるレベルの読心術。
ハイテンションでウザだる絡みしてくる花音に比べたら正統派ヒロインの弟子が加わったことで、玲紀の生活圏内のヒロイン率が高まりさらに花音のラブコールが激しくなっていました。全力全開の好意と掛け値なしの美少女要素が相まってウザくても憎めないところが悔しい!
そしてそんな玲紀×花音の掛け合いがキャラクターの魅力やどんな時でも面白おかしくしてくれる雰囲気が読み手にとっても心地が良いので読んでいてとにかく楽しいです。

GA文庫大賞奨励賞受賞作品の第2弾ですが安定したキャラクターたちの掛け合いの面白さ、異能力バトル方面でも花音の持つ異能力の真髄が徐々に掘り下げられつつ、異能使いたちの熟練度や戦略性が死闘のなかで繰り広げられる熱い作品でした。
興味のある人は是非読んでみてください。

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 6

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 6 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
日本とこの世界をつなぐ、「世界を渡る術」を完成させたヒカル。
あとは精霊魔法石さえ確保すれば、日本への帰還が叶う状況になっていた。しかし、念願の帰還方法を見つけたヒカルは日本とこの世界のどちらが良いのか迷い、考え込んでいた。安全が確保され、欲しいものがすぐに買える日本。もしくは、危険はあるが夢もあるこの世界。悩むヒカルは、ある日同じ日本人であるセリカと偶然出会う。その頃、ポーンソニア王国ではとある奇病が流行り始めていた。体中に黒い斑点が現れ、やがては死に至る病。さらに、タイミングよく患者の元を訪れたビオスの教会関係者は、莫大な金を払えば特効薬を与えると言う。なんともきな臭い話に、ポーラ達は秘密裏に治療しようと動き始めるのだが――。

やっぱり異世界転生系の作品がたどり着くのは元の世界へ帰還する手立てですね。
ヒカルがいる世界と別の世界をつなげる現象なだけに実行するには相応の精霊魔法石を確保することが必須条件ですが、今回は同じ日本人であるセリカを無事日本へ送り返す過程で判明した事実も多々あったので、その後の展開に影響するにせよしないにせよ想像が膨らんで期待が持てる内容でした。

セリカが日本へ帰還したことで彼女と袂を分かつことになった仲間たちに及ぼした影響により、ヒカルは日本とこの世界のどちらを選ぶかの迷いや彼と多くの時間を過ごしたラヴィアたちのその後の暮らしにも熟考の余地がありそう。
日本と異世界を渡す術がスキルボードを上手く活用していくことで簡易化されることはあるのだろうか、セリカが帰還した後の日本では何が起きているのかなどなど、さらなる広がりを見せる要素が満載で今後の展開が楽しみでしかたがありません。
最新刊の発売が待ち遠しいです。

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2)

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2) (電撃文庫)

『あらすじ』
相変わらず勤労への執着が止まらない社畜リーマン拓務は、どうにかして甘やかそうとする怠惰の悪魔・シノと攻防を繰り広げていた。だがとある成り行きから、アパートに引っ越してきた新たなる隣人との浮気を疑われることに!?ドレスをはだけさせ豊かな胸を露わに艶然と微笑む謎の美女の前で、痴話げんかを繰り広げる拓務とシノ。さらには惚れ薬という危険なブツまで持ち出され…まさに修羅場で一体どうなる甘々コメディ第二弾。

社畜を怠惰の道へ誘うために家事全般をこなして同棲をしているけれど、その行為が逆に怠惰の悪魔の勤勉さを裏付けている二律背反。シノが職務をまっとうするために全力で主人公を甘やかしに来るならば、自分が毎日終電で帰宅するレベルで仕事をしようが休日に自宅に仕事を持ち込もうが良いはずだ!!
そんな二人がお互いに譲ることのできない信念を曲げずに衝突しあいながらも憎からず思っている様子が日々接しているなかでの何気ないやり取りのなかから滲み出てくる甘々なラブコメ作品です。

シリーズ第2巻では怠惰の悪魔と対をなす勤労の天使が登場してさらにややこしくなってきました。
怠惰の悪魔なのがワーカーホリック気味な主人公を堕落させるために全力で甘やかしてくれるのに対し、勤労の天使は同様の人間に近づき全力で主人公に甘やかしてもらうためにやってきたそうです。悪魔と天使が付くべき上司を間違えたのかな?
常識的に考えれば自分は不労所得を得て自堕落な生活を送りたい派の人種なので全力で怠惰の悪魔に甘やかされたいですけれど、ダメな人間が放っておけない人種も世の中にはいると思うので好みが分かれそうなところですね。

そんなこんなで“怠惰の悪魔”“勤労の天使”に関連してシノ以外の人外キャラクターが続々と登場し、惚れ薬なる危険なアイテムまで活躍して拓務とシノのラブコメをかき乱して今回も素晴らしい内容でした。
ところでこの惚れ薬は惚れている人間に対しては効果を発揮しないらしいんですけれど、それは逆に惚れ薬を使っても正常な思考を保てたら潜在的な好意を裏付ける決定的なアイテムになりかねませんよね。
こんな展開を仕掛けるなんて悪魔の発想だと思いました。

個人的にもお気に入りの作品なので興味のある人は是非読んでみてください。

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! (電撃文庫)

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! (電撃文庫)

  • 作者:旭 蓑雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/10/10
  • メディア: 文庫

義姉たちが全員重度のブラコンだった

義姉たちが全員重度のブラコンだった (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
父親の再婚によって、俺・志木春斗には3人の義姉が出来た。三女の夏希―17歳の高校3年生で、俺の通う学校の生徒会長。清楚で才色兼備な完璧美少女で、学校のアイドルだ。次女の秋奈―23歳にして准教授を務める天才。でも家ではルーズな恰好でだらける「目に毒」な爆乳美人だ。長女の冬華―27歳で俺の通う学校の教師。丁寧な教え方と生徒思いな性格、そして抜群のスタイルで評判の美人教師だ。思ったよりも距離が近く、優しく接してくれる美人三姉妹との生活は緊張するけど、早く家族になれるように頑張るぞ!後日、俺は自分の考えの甘さを思い知ることになる―。

17歳の高校三年生で生徒会長、23歳の准教授で特許も持つ大金持ち、27歳で主人公の通う学校の教師。
幅広い年齢と多彩な属性を持つヒロインたちが主人公のごく普通な高校生ライフにグイグイ入り込んでくるドタバタラブコメディ作品ですね。

自宅のなかではもちろん三姉妹が総動員して押し寄せてくる。学校に行っても生徒会長の三女や教師の長女が学年を越えて接近してきて、息つく暇もない義姉たちの怒涛のブラコンぶりが発揮されていました。主人公への愛情深さがボディータッチや距離感の深さはもちろんのこと、主人公に会いたい気持ちを隠すことなく行動に移す様子にも表れていて、重度のブラコンぶりがイキイキと描かれていていました。

しかしながら寄せられている好意が家族としての愛なのか、それとも1人の異性としての愛なのか。
ただの平穏で全員平等なハーレムラブコメとして落ち着くのか。それとも、メインヒロインを決めることになるのか。
義姉たちと過ごす日々のなかで生じる小さなちいさなすれ違いが積もり積もって、4人の間にある関係性を大きく変貌させていくことになる。目先にあるラブコメ作品としての面白さと同時に主人公がメインヒロインを選ぶために格闘する恋愛ドラマとしての装いもあってとても面白かったです。

隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた

隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた : 1 (モンスター文庫)

《あらすじ》
成戸悠己がクラスの席替えで隣になったのは、“隣になった男子は残らず告白(+玉砕)してしまう”と噂される「隣の席キラー」鷹月唯李。何かにつけてグイグイ来る唯李に陥落も時間の問題……かと思いきや、悠己の鈍感具合は尋常じゃない! むしろ唯李の方が、悠己のことを気になりだして!? 「くっそ、すました顔してぇ~。見てろよ見てろよ~……!」ネット発返り討ちラブコメディが、大幅加筆で登場!

学生時代は定期的に席替えが行われていて、普段は接点のない人でも咳が近くなればおのずと会話をする機会が増えますよね。
モテない男子の隣が学年でもトップクラスの美少女。しかも何かにつけてグイグイ絡んできたりすれば「(あれ、ひょっとして俺のこと好きなんじゃなね?)」といった勘違いが生まれ、告白してみたら玉砕される。
男子高校生たちの告白をことごとく粉砕していった結果ついたあだ名が『隣の席キラー』。

そんな美少女と隣の席になった鈍感系主人公が席替えで偶然隣同士になったことで始まる青春ラブコメ。グイグイ絡んでくる唯李のウザ絡み具合をのらりくらりとした態度で対応する主人公の掛け合いが特に面白かったです。
唯李が基本的に学校のなかで無駄に絡んできて惚れさせようと攻めているはずが、主人公の無自覚に放つ言動によるカウンターが完璧に決まっていて翻弄されているところが可愛い。要するに、防御力ゼロの恋愛ポンコツヒロインですね。攻めるのは得意だけど攻められたらメッチャ初心な反応をしてきます。
唯李が主人公をあの手この手で惚れさせようとして学校内で策を弄してくるけれど、策士策に溺れるを自ら体現するようなキャラクターですね。

なんだかんだで一緒に登下校したり、雨の日は相合傘をしたり、お昼に手作りお弁当を用意してきたり。会話のきっかけはどうであれ共に過ごす時間が積み重なっていくなかで徐々に距離が縮まっていき、お互いのプライベートな部分が明らかになるにつれて本当の恋に移り変わっていくそんな作品でした。
絶望的なまでに二人の関係を横から導いてくれる存在がいないために寄り道や回り道をしまくる学園ラブコメですが、根本のところで二人とも少なからず好意を抱いていることで続いている関係性なのが幸いです。
2巻ではどんな展開になるのか。とても楽しみです。
興味のある人は是非読んでみてください!

失格世界の没落英雄

失格世界の没落英雄 (MF文庫J)

《あらすじ》
相手の行動から魔法の構造まで、全てを見抜く最強の鑑定スキル“神眼”。それは誘拐された魔導大国の元王子シオンが、失踪した幼なじみと瓜二つの少女リィエルと出逢ったことで発現した。「私には生きる理由がない」「そんなのは一緒に探せばいい!」“神眼”の力で監禁されていた研究施設を瞬殺したシオンはリィエルと共に外へ脱出。しかし外の世界は、何かが以前と変わってしまっていて―?立場を失った元王子・シオンと出来損ないの天使・リィエル。二人は真実を見抜く「神眼」で歪んだ世界を救う英雄になれるのか?

突如失踪した婚約者のモニカと瓜二つの少女リイエル。過去の記憶もなく、研究施設で実験体として扱われていたところをシオンが偶然救うことで動き出す二人の物語。
研究施設に長年囚われていたリィエルの純粋無垢な性格と一般常識が欠如している言動が、たとえ彼女に記憶は無くともかつて好意を抱いていた婚約者を思い起こすゆえにシオンのドキッと展開に繋がっているところにハマってしまいます。
シオンやリィエルの周りで起こる日常の何気ない光景にページ数が割かれているため、リィエルに人間味を感じさせる展開がかなり描かれており、ドンドンとキャラクターに感情移入してしまう魅力のようなものがありました。
二人が研究施設を脱出してからの行動指針は『シオンが失踪してから数年たった王都の状況』を確認するためのものだったけれど、本筋からそれてラブコメってる展開もそれはそれで癒されます。

シオンが覚醒したスキルも研究施設での戦いでは絶大な力を発揮した武器にもなりましたが、リィエルとの日常のなかでも物の価値を見抜く眼として活用することで日銭を稼いだりと応用の幅がとても広くて、今後も二人の旅路を彩る活躍を魅せてくれそう。

同作者の『精霊幻想記』シリーズが好みの読者に刺さるであろうキャラクターごとの背景や人間ドラマを丁寧に描いた物語が魅力的な作品でした。
個人的にも精霊幻想記シリーズはとても好きな作品なので、この作品の2巻が刊行されることを祈るばかりです。
興味がある人は是非読んでみてください!

失格世界の没落英雄【電子特典付き】 (MF文庫J)

失格世界の没落英雄【電子特典付き】 (MF文庫J)

精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)

精霊幻想記 1.偽りの王国 (HJ文庫)

隣のキミであたまがいっぱい。

隣のキミであたまがいっぱい。 (MF文庫J)

《あらすじ》
同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。そう思っていたんだが…。どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。だからって、距離感おかしくないか!?いやべつに、俺は美少がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!―そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

『他人の思考が読めてしまう』ことから日常的に自分の意思と無関係に聞こえてしまう美少女クラスメイトが、何故か主人公の側にいるときだけは他人の声が聞こえずにいられる。
多数のクラスメイトの犠牲を防ぐために、少数である主人公を生け贄に捧げることとなる。まるで、トロッコ問題のような学園ラブコメですね!

嘘です。別にクラスメイトたちが主人公を生け贄にするような陰湿な展開なんてないです。
不思議な力を持つヒロインとの日常を描いたラブコメ作品です。全体的な構成は時系列順にショートストーリーをつなげ合わせたような二人の日常がコンパクトに描かれていて、何気ない学校での出来事にヒロインの力によるトラブルを混ぜ込んだ物語になっていました。
思春期の男女の間で起こるトラブルと言えばもちろん恋愛関係。気になる相手が自分のことをどう思っているのか……
自分の思考が読まれると捉えれば恐怖の対象でしかないですが、100%成功する告白のための手伝いとなれば誰もが求めてしまう。他人の思考が読めてしまう力により生まれる物語がとても新鮮ではありますが、渦中の二人の関係や側にいて常に心を読まれ続けている主人公の心境なんかも面白い作品でした。性欲と煩悩にまみれた男子高校生だったら憤死するレベルの思考駄々もれラブコメです
ブコメはシチュエーションひとつで無限に広がるジャンルなのでとても新鮮でした。
興味のある人は是非読んでみてください!