働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?)

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?) (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
ぼっちな中学時代を捨て、高校デビューしたわたし・甘織れな子。でも、根が陰キャだから憧れの陽キャ生活に馴染めず、窒息寸前!そんなとき、我が校のスーパースター・王塚真唯とひょんなことからお互いの悩みを共有してヒミツの友達に。真唯がいれば毎日がんばれそう―と思ったはずが!「君に、恋をしてしまったんだ」「待って!友達どこいった?」恋人なんて不安定な関係、ムリ!わたしは最高の友達を作って高校生活を楽しみたいの!でも真唯も恋心を諦めきれないようで―。「恋人と親友のどちらが私たちにふさわしいか、勝負で決めよう」こうして、ふたりの在り方を懸けたノンストップ・ラブコメディが幕を開けたのだった!

女の子同士のラブコメの素晴らしさを痛感できる作品!

文武両道で容姿端麗でモデルも務まる完璧超人な王塚真唯が甘織れな子に告白をしたことで始まった関係が全ての幕開け。
王塚さんの放つ神聖な雰囲気が恋愛禁止を課せられて崇拝の対象になりそうな完璧な女性キャラとして存在していたけれど、甘織に出会ったことで禁から解き放たれて恋愛に邁進する姿がとてつもなくエロい。
全てが自分の思い描いたとおりに物事が進むと信じて疑わない王塚さんが甘織の抵抗をことごとくはねのけて好意の赴くままにむさぼる展開が、男女間のラブコメではなかなか描かれないような構図になっているので凄く新鮮な映像でした。
始めは「女の子同士だし恋人なんてムリムリ」と信じて疑わなかった甘織も、あるときは友人またあるときは恋人の距離感からグイグイ攻めてくる王塚の魅力に取りつかれて「あれ、なんだか胸のあたりがモヤモヤする……」的な自然に受け入れてしまうまで好意を抱くことに。これはもう、「恋人なんて絶対ムリ!」と断固とした拒絶を向ければ堕とされなかったものを……。
二人の勝負の行く末を描いたラブコメの日々はちょっとエッチで初百合でも全然楽しめるとても素晴らしい作品でした。
もしも2巻が出るのであれば三角関係や修羅場のようなものも是非とも読んでみたいですね。

友達の妹が俺にだけウザい4

友達の妹が俺にだけウザい4 (GA文庫)

《あらすじ》
『縁結びの儀式』で山奥の祠に閉じ込められた明照と彩羽。二人きりでのゼロ距離ウザ絡みを前に、難攻不落だった明照にある変化が訪れる。
一方、真白と“秘密”を共有した菫は、影石家の秘密を探るなかでひとつの決意を固めていた。《5階同盟》の誰もが予想すらしていなかった菫の決断とは――。
そして、巻貝なまこの担当編集・カナリアが《5階同盟》に目を付けたことで、明照はさらなる難題を突きつけられてしまい……!?
今度こそ海に行きます! 話題沸騰のいちゃウザ青春ラブコメ、まだまだ夏休みな水着回の第4巻!!

彩羽が表紙を飾るラノベならばメインヒロインは彩羽で決まりだな!

山奥の祠で彩羽と一夜を過ごしたことや道中のラブコメイベントが影響して、明照が抱く彩羽への感情にとうとう変化が訪れてきました。
ウザ絡みしてくる彩羽に対するリアクションもそれに伴い変化があらわれたことで、一方的にマウントを取ってくるシチュエーションが多かった流れが一変して思わぬところからカウンターを食らって赤面する彩羽がとにかく可愛い。
これまでの彩羽はウザ絡みはしてくるけど表面的に好意を悟らせないように取り繕ってきたけど、それもとうとう隠し切れなくなってきてる。
効率厨で鈍感系の主人公が無自覚にヒロインを褒めるとどうなるのか。ヒロインがクッソ可愛くなるんですよ。

ラブコメ作品でルートが決まってしまったら完結に向かって一直線に進むだけ。
《5階同盟》の中で唯一謎に包まれている“巻貝なまこの正体”と“声優の正体”について。
真白のほうについては奇跡的に真白=なまこの発想に至ることなく、奇跡的なタイミングで両者のプライベートは一致したり担当編集が被る状況でも気が付かれることなく話が進展してきましたけれど、彩羽が声優をしている事実は進展がありましたね。多かれ少なかれこれからの関係に影響を及ぼすレベルの事実でもあるので、今後の展開が楽しみです。

友達の妹が俺にだけウザい4 (GA文庫)

友達の妹が俺にだけウザい4 (GA文庫)

世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?2

世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「春輝さんを愛してますから!…その、家族として!」伊織の衝撃な告白(?)を受けつつ、3姉妹とあらためて同棲することになった27歳の社畜・人見春輝。家族愛と言われつつ猫耳だのノーブラだの、何故か前よりもスキンシップが過剰になったことに困惑しながらも穏やかな同棲生活は続いていた。「先輩。異性として、好きです…愛しています」そうしたらある日、職場の後輩、貫奈から告白されてしまい!?学生時代からの付き合いで、ただの腐れ縁だと思っていて、でもどう見ても冗談じゃない“ガチ”なトーンで…家と職場の間で恋が揺れる―くすぐったい日常ラブコメディ第2弾!

JK三姉妹との共同生活ラブコメがこれで完結だなんて……
伊織の「春輝さんを愛してますから!」発言から新たな関係性への進展をチラつかせつつ、「家族として」という建前でごまかすヘタレヒロインでしたけれど、本気の恋心を自覚してアピールしてくる姿勢がとにかく愛らしくてとても良質なラブコメ作品でした。
家の中では家族として振る舞い、職場のなかでは周囲に悟られない程度に仲の良い同僚として振る舞う。それでも時おり隠し切れない春輝と伊織の親密度合いが後輩の貫奈の目に留まり、水面下で繰り広げられる修羅場とラブコメ展開が魅力的でした。
貫奈が春輝に抱く学生時代から変わらない恋心に対して、まだ出会って間もない伊織には好きな人への想いの強さも時間も圧倒的に劣っているなかでも真正面から受け止めてまっすぐに春輝へ好意をぶつけていく姿勢がとにかくピュアで尊く思えてきます。
一方で次女の露華と三女の白亜も負けじとアピールをしてきていて、貫奈、伊織のどちらも春輝との間にドラマがありどちらが選ばれても遜色のない物語になるくらいに魅力的なキャラクターでしたけれど、露華や白亜もこの先の展開次第ではまだまだポテンシャルのあるキャラクターだと思います。
家でJKと成人済みサラリーマンの共同生活というシチュエーションが世間の風聞を容赦なくぶつけられる展開も十分に起こりうるので、強固な信頼関係で続いている共同生活ではあるけれどちょっとした綻びから崩れ去りそうな脆さも秘めた感じもあります。そんなシリアスな側面も併せて描かれた作品で個人的にはとてもお気に入りの作品でした。

Twinboxさんの描く女の子は元々成人向けのイラストも手掛けているだけにエロさが半端じゃなかったです。色使いもキャラの容姿もとても好みのタイプで挿絵が出てくるたびにヒロインが可愛くて最高でした。

作品としては完結してしまいましたけど、これからの活躍も楽しみにしていきたいと思います。

お隣さんと始める節約生活。 2 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか?

お隣さんと始める節約生活。 2 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「もっと山野さんと、学校でも過ごす時間がほしい」二学期。ますます強くなる気持ちを胸に、俺は彼女が所属する生徒会選挙へ立候補した。山野さんも誘ってくれたしな。一緒に選挙演説の原稿を準備しながらも、新しく山野さんのベランダで家庭菜園を始めたり、彼女と屋内プールに行ったり、これまで通り山野さんと仲良く過ごしていた。けれど、どれだけ時間を過ごそうとも、変わらない俺たちの関係。ずっとこのままで、本当に良いのだろうか。嫌だ。何か、変えなければ。だから俺は、生徒会に入れたら―山野さんに告白する。

電気代節約のために始まった山野さんとの共同生活。はじめのうちは光熱費を削るニュアンスが強かったけれど、気が付けば二人の距離はドンドンと縮まっていき、仲良く過ごすための建て前になってる。
節約のための方法が完全に出尽くしたことでこれ以上二人の共同生活の方針を変える要素がないから、『高校生男女のイチャラブ共同生活』となったわけです。
お互いに好意を抱いていることをハッキリと告げていないおかげで、家の中で常に恋の戦略的な駆け引きが繰り広げられている状況。二人の事情を知っている人間からしてみれば、このシチュエーションで好意を持たないわけがないとしか思えないはずだけど、お互いに『もし自分の勘違いだったらこの関係が終わってしまう』的な可能性があるためになかなか踏み出せない。
そんな二人の告白するくらい大好きだけど前に進めないもどかしさ、何気ない言葉のやり取りのなかに相手がどんな反応をするかうかがうしぐさがとてもハートフルなラブコメ作品です。

共同生活を続けていけばおのずと様々なトラブルに出くわすことがあると思います。
生徒会に所属していて清楚な見た目に反してムッツリスケベと不名誉なレッテルを貼られてしまう山野さんですが、何かと共同生活のなかでも間宮君の知らないところでやらかしているみたいです。
詳細については割愛しますが、ちょいちょいエッチなイベントを起こす山野さん VS 鋼の精神とヘタレの精神で何もしない間宮君の構図が二人の関係をややこしくしているように思います。
それでも、高校生男女が偶然部屋が隣同士になったことがきっかけで始まった青春が甘酸っぱくもあり、いつ終わるとも知れない二人の関係の行き着く先が気になる作品でした。
なにせ、経済力のない高校生の生活なんて衣食を提供している家族の差配ひとつで変わるなかで成立しているシチュエーションなわけですから。
2巻のラストでは山野さんと間宮君の生活も新たな展開を迎えることになったので、今後の二人の関係がどうなるのか。新刊が楽しみです。

ワールドエンドの探索指南3

ワールドエンドの探索指南3 (電撃文庫)

《あらすじ》
地図と周囲の風景が違う?探索を続け町を進行するタイキとヤヒロは、世界への違和感を強くしながらも、高層ビルの立ち並ぶ繁華街へとたどり着く。無数の落書きに迎えられ、どうやらここは2つの勢力が縄張り争いをする、戦場の真っただ中のようだ。“天文館”と“果樹園”という二つの部隊は戦闘を繰り広げ、究極の“秘宝”を探し求めているらしい。そんな中で、双方に和解を呼びかける勢力、“灯台”に所属する陽羽里クイナと出会う。目指す“ミハシラ”へは繁華街を通過しなければならず、タイキは両陣営とクイナを前に選択を迫られ―。

dengekibunko.jp

欠落している記憶と世界に隠された真相を探るベル旅をするタイキとヤヒロ。退廃的な世界のなかで生き流れえている人類が限られたインフラ設備のなかで少しでも生き残ろうとする行動心理が丁寧に描かれていて、独創的な世界観が魅力的な作品です。
二人の旅路で二つの勢力が縄張り争いをする戦場に出くわしてしまい足止めをくらう状況。二つの勢力の仲介役を買って出たタイキの呼びかけにより膠着状態だった戦争に希望の光を見出す物語が大まかなシリーズ第3弾の内容でした。
これまでは『ミサキ』と呼ばれる怪物たちが主だった相手でしたが、今回ばかりは状況が異なり自分たちと同じ人間が敵として目の前に立ちはだかることに。
明確に敵対行動を示してくるミサキとは異なり、意思疎通を取ることができ和解も可能な人類が相手となると攻撃的な行動が和解の道を途絶えさせかねない状況なので、仲裁役となったタイキたちの奮闘が今までにない緊張感のある展開の連続でした。

さて、今回の“天文館”と“果樹園”という二つの勢力の縄張り争いの裏で、また一歩タイキとヤヒロは新たなステージへと踏み込むこととなり彼らの探索も前進することとなりました。この作品自体を長期的な目で見ても、純粋にどのような結末をたどっていくのかが気になる作品でもあるので、新刊の発売が待ち遠しいです。

興味のある人は是非読んでみてください。

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ!

お前らどれだけ俺のこと好きだったんだよ! (GA文庫)

《あらすじ》
「俺を側に置きたい?…何故だ!?」初めての恋人に僅か一週間でフラれた芦宮隆人は、かつて交流のあった学園のカリスマ、才媛の後輩―月ノ瀬白雪に秘密の部屋へ誘われる。(コイツ、まさか俺に気が―!?いや、単にからかうつもりか…!?)失恋をイジられてなるものかと身がまえる隆人。かたや、隆人に恋人ができたショックで寝込むまで己の恋心に気づかなかった白雪は、素直になりきれず、隆人から告白させようと恋の駆け引きを仕掛けていた!!(失敗したぁあ。わたしのばか―!)白雪は隆人へと迫るが、恋愛経験と知識に乏しく気づかれない!?恋愛に疎過ぎる才女たちとの駆け引きラブコメ『告白待ちバトル』開幕!

失ったときことがきっかけで芽生えた三人のヒロインの恋心が絡み合う告白待ちバトルラブコメ
恋愛初心者なヒロインたちがこぞって主人公である隆人に好意を抱きつつも、自分から攻めに転じられずに受け身に徹するヘタレぶりと恋心を自覚しない鈍感ぶりに拍車がかかっていて、とてつもなく面倒くさい学園ラブコメでした。
始めての恋人とわずか1週間でフラれた主人公の傷心に付け込んで攻めに転じれば夢の恋人関係になれるにもかかわらず何故攻めないのか。各キャラクターの視点で日常シーンが進行していくため感情の機微や告白を誘うための細かいとラップが包み隠さず描かれていて、それに対する主人公やヒロインたちのリアクションが視点を変更させて詳細に描かれていているため、余計に数々のチャンスを不意にしている姿が滑稽に映っています。
恋愛は戦争。勝つためには攻めなければダメですね。待ちの姿勢は敗北の未来しかなさそうです。よくわかりました。

ひとつ残念なことを付け加えると、視点変更が細々としていてなおかつ1巻で今後のラブコメの渦中にいるキャラクターを全員登場させたことが悪い方向に作用して、1冊を読み切ったときの読後感が薄かったように思います。要約すると『1巻が丸々プロローグ』的な感覚ですね。個人的にラブコメではキャラクターが一喜一憂する姿を楽しみたい派なので、その点が薄れてくるとイマイチに感じます。
もっとも、この作品はこの作品になりに面白くはあったので好みの問題だと思いますけど。

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 11

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する : 11 (モンスター文庫)

《あらすじ》
アルカディア内の不穏分子だった各領主たちは、一良が現代で作成した地獄と天国の映像を目の当たりにし、改心を誓う。国内の意思統一に成功したアルカディアでは、現代兵器の製造も急ピッチで進み、いよいよバルベールとの国境にある砦に軍を進める。しかし、そこに文明レベルを超えた“ある物”を携えた敵国の使者が現れて―。「小説家になろう」発、異世界救世ファンタジー、待望の第十一弾。

地獄と天国の映像が作られたものだとしても検証する術がない異世界では信じるしかありませんね。
自らを特別な存在だという価値観が根付いている異世界の貴族たちの中に思いあたる節が山のようにあって、「このままだと地獄行きは避けられない!!」「どうしたらいいんだ!!」と絶望に打ちひしがれた状況で唯一の救いの手を差し伸べられたら改心にして善行を積まざるを得ない。あれよあれよという間にアルカディア内の情勢が清浄化されていって、異世界で金の力をフルに活用して行って人心を誘導する展開が痛快でした。
人間だれしも自分だけが生き残れば良いし、自分だけが儲ければ良いなんて利己的な考えで行動をするだろうし、正義感や忠誠心でトップの命令に従う人間だっているだろうし。戦争に関わる人間が大勢いれば、人の数だけ価値観や性格が出てきて通常の方法では国を挙げて一致団結なんてできるはずはないけど、文明レベルを超えた技術をもってすればこんなこともできる。もっとシビアに物語を詰めていけば、それでも反抗してカズラたちに逆襲してくる勢力も出てきそうではあるけれど、それこそ地獄のような鬱展開しか見えてこないので読んでも良いけどノーサンキューです。
金の力で思うがままに動いて、バレッタやリーゼやジルコニアたちとキャッキャして日本食を楽しみつつ危機をはねのけるくらいのソフトな展開が自分好みです。