働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

隣のキミであたまがいっぱい。

隣のキミであたまがいっぱい。 (MF文庫J)

《あらすじ》
同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。そう思っていたんだが…。どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。だからって、距離感おかしくないか!?いやべつに、俺は美少がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!―そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

『他人の思考が読めてしまう』ことから日常的に自分の意思と無関係に聞こえてしまう美少女クラスメイトが、何故か主人公の側にいるときだけは他人の声が聞こえずにいられる。
多数のクラスメイトの犠牲を防ぐために、少数である主人公を生け贄に捧げることとなる。まるで、トロッコ問題のような学園ラブコメですね!

嘘です。別にクラスメイトたちが主人公を生け贄にするような陰湿な展開なんてないです。
不思議な力を持つヒロインとの日常を描いたラブコメ作品です。全体的な構成は時系列順にショートストーリーをつなげ合わせたような二人の日常がコンパクトに描かれていて、何気ない学校での出来事にヒロインの力によるトラブルを混ぜ込んだ物語になっていました。
思春期の男女の間で起こるトラブルと言えばもちろん恋愛関係。気になる相手が自分のことをどう思っているのか……
自分の思考が読まれると捉えれば恐怖の対象でしかないですが、100%成功する告白のための手伝いとなれば誰もが求めてしまう。他人の思考が読めてしまう力により生まれる物語がとても新鮮ではありますが、渦中の二人の関係や側にいて常に心を読まれ続けている主人公の心境なんかも面白い作品でした。性欲と煩悩にまみれた男子高校生だったら憤死するレベルの思考駄々もれラブコメです
ブコメはシチュエーションひとつで無限に広がるジャンルなのでとても新鮮でした。
興味のある人は是非読んでみてください!