働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2)

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2) (電撃文庫)

『あらすじ』
相変わらず勤労への執着が止まらない社畜リーマン拓務は、どうにかして甘やかそうとする怠惰の悪魔・シノと攻防を繰り広げていた。だがとある成り行きから、アパートに引っ越してきた新たなる隣人との浮気を疑われることに!?ドレスをはだけさせ豊かな胸を露わに艶然と微笑む謎の美女の前で、痴話げんかを繰り広げる拓務とシノ。さらには惚れ薬という危険なブツまで持ち出され…まさに修羅場で一体どうなる甘々コメディ第二弾。

社畜を怠惰の道へ誘うために家事全般をこなして同棲をしているけれど、その行為が逆に怠惰の悪魔の勤勉さを裏付けている二律背反。シノが職務をまっとうするために全力で主人公を甘やかしに来るならば、自分が毎日終電で帰宅するレベルで仕事をしようが休日に自宅に仕事を持ち込もうが良いはずだ!!
そんな二人がお互いに譲ることのできない信念を曲げずに衝突しあいながらも憎からず思っている様子が日々接しているなかでの何気ないやり取りのなかから滲み出てくる甘々なラブコメ作品です。

シリーズ第2巻では怠惰の悪魔と対をなす勤労の天使が登場してさらにややこしくなってきました。
怠惰の悪魔なのがワーカーホリック気味な主人公を堕落させるために全力で甘やかしてくれるのに対し、勤労の天使は同様の人間に近づき全力で主人公に甘やかしてもらうためにやってきたそうです。悪魔と天使が付くべき上司を間違えたのかな?
常識的に考えれば自分は不労所得を得て自堕落な生活を送りたい派の人種なので全力で怠惰の悪魔に甘やかされたいですけれど、ダメな人間が放っておけない人種も世の中にはいると思うので好みが分かれそうなところですね。

そんなこんなで“怠惰の悪魔”“勤労の天使”に関連してシノ以外の人外キャラクターが続々と登場し、惚れ薬なる危険なアイテムまで活躍して拓務とシノのラブコメをかき乱して今回も素晴らしい内容でした。
ところでこの惚れ薬は惚れている人間に対しては効果を発揮しないらしいんですけれど、それは逆に惚れ薬を使っても正常な思考を保てたら潜在的な好意を裏付ける決定的なアイテムになりかねませんよね。
こんな展開を仕掛けるなんて悪魔の発想だと思いました。

個人的にもお気に入りの作品なので興味のある人は是非読んでみてください。

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! (電撃文庫)

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! (電撃文庫)

  • 作者:旭 蓑雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/10/10
  • メディア: 文庫