働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

小泉花音は自重しない2 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録

小泉花音は自重しない2 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 (GA文庫)

《あらすじ》
発電能力を操る小泉花音と俺は異能の力が絡んだ事件を追う捜査官ストレイドッグ。精神観測者の澪ちゃんが弟子入りしてから、花音の愛がますます重いんだが…「れー君のパートナーは、この花音お姉ちゃんだからね!」祭りで賑わうN市内では、特異犯罪組織に対する警戒態勢が敷かれていた。先日の事件で“剣帝”の秘密が撮られた動画がネットに出回っているし、街で助けた謎の男も気がかりだ。油断していられないぞ花音。「きゃああぁあ!私のことで怒ってるれー君超絶かっこいい!」おいおい、空気を読んでくれ…イチャ甘ヒロインと最強主人公コンビのバディアクション第2弾!!

最強の異能力者である“剣帝”の正体が動画にアップされたことで彼の力が現在は制限されていて猫の姿をしていることが明るみに……。
剣帝の不在により犯罪率が上昇傾向にある都市。新たな特異犯罪組織の暗躍により波乱が巻き起こる異能力バトルアクション作品。

シリーズ第2巻では精神観測者《サイコメトラー》の澪が玲紀のもとに弟子入りしたところから物語が始まりました。
花音による読心術で猫状態の玲紀との掛け合いは相も変わらず。花音の発電能力で電気的なパスが繋がって意思疎通が取れると公言されたほうが納得できるレベルの読心術。
ハイテンションでウザだる絡みしてくる花音に比べたら正統派ヒロインの弟子が加わったことで、玲紀の生活圏内のヒロイン率が高まりさらに花音のラブコールが激しくなっていました。全力全開の好意と掛け値なしの美少女要素が相まってウザくても憎めないところが悔しい!
そしてそんな玲紀×花音の掛け合いがキャラクターの魅力やどんな時でも面白おかしくしてくれる雰囲気が読み手にとっても心地が良いので読んでいてとにかく楽しいです。

GA文庫大賞奨励賞受賞作品の第2弾ですが安定したキャラクターたちの掛け合いの面白さ、異能力バトル方面でも花音の持つ異能力の真髄が徐々に掘り下げられつつ、異能使いたちの熟練度や戦略性が死闘のなかで繰り広げられる熱い作品でした。
興味のある人は是非読んでみてください。