働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

綾瀬さんは貢ぎたい!2

綾瀬さんは貢ぎたい!2 (GA文庫)

《あらすじ》
「あたしも―須々木さんとお付き合いしたいのかもしれません」
呪いのせいで、綾瀬と密着状態で過ごすことになってしまった俺。何とか理性を保ち解決(干物妹へのカチコミ)を図るものの、呪いが解けたら何故か綾瀬の好意がマジっぽくなってしまっており!?お前、俺とは「友達ですらない」とか言ってなかったっけ…。おかげで倉刈さんや佐野の言動も張り合うようにエスカレート。綾瀬も「向こうに、ホテルとってありますけど」なんて積極的だが、そこに敵意全開の美人OLが現れて―!今度はこじらせOLもウザ絡み!?問題だらけの青春ラブコメ第2弾!!

表紙イラストからもわかるように綾瀬・母親が登場!
廃課金ヒロインの綾瀬の資金源で家族でもあるキャラクターの登場で須々木をめぐる青春ラブコメにさらなる火種がぶち込まれることになりました。
なにせ、愛娘をホテルに連れ込んで、正面から抱き合う形で(呪いの影響で)密着して、信頼しているとされる異性が目の前に現れたとなれば当然、親であれば激昂しますし騒動の渦中にいる須々木にとっては焦りますねww
結婚させてもらうために相手の両親を納得させるのとは少し違うけれど、ラブコメってる状況がヒロインの親にバレたら行き着く先はそんなところだと思う。
綾瀬家内でのトラブルの詳細については割愛しますけれど、須々木 VS 綾瀬・母親の構図で展開される青春ラブコメの一連の騒動により、綾瀬の生い立ちが明かされパーソナルな部分がより深く掘り下げられる内容になっていました。

それにより綾瀬に対するラブコメヒロインとしてのキャラクターの好感度が上がるかと言われれば
『まあ、仮にも主役になった巻だから感情移入する場面はあったけれど、やっぱり暴走気味に廃課金する性格に難あり。トータルとしてはラブコメヒロインとしては±0』ですね。

そんなことよりも、綾瀬家のトラブルの渦中でポツポツと登場した倉刈や佐野のほうが失点が少なかったためか自分の中の好きなキャラクターランキングで上位に浮上してきたんですよね。
特に学校内での須々木と佐野の友達としての距離感でやり取りをするシーンがグッときた。倉刈さんもストーカー気味にグイグイ迫ってたり、須々木に発信機と盗聴器を仕掛けたりする側面もあるけれど、黒髪ロングのヒロインはそれだけでポイントが高い。
ほんっと、何事もなければ最高に甘々な青春ラブコメを送れるヒロインなのに!
あんな趣味や性格をしていなければと思うと……

シリーズ第2巻も文句なく面白い作品でとても楽しめました。
興味のある人は是非読んでみてください。

綾瀬さんは貢ぎたい! (GA文庫)

綾瀬さんは貢ぎたい! (GA文庫)

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)