働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。(4) ……だいすき。

はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。(4) ……だいすき。 (電撃文庫)

《あらすじ》
ひょんなことがきっかけで、悪魔たちの暮らす島に招待されることになった夜美とヤス。
島はいま『欺瞞祭』の真っ最中。嘘をついても許されるという怪しげなお祭りの中、辺りは華やかな雰囲気に包まれていた……。
普段は素直になれないポンコツサキュバスの夜美と二次元至上主義のダメオタクであるヤスも、欺瞞祭に乗じてお互いの気持ちをぶつけ合う。
水着姿で誘惑する夜美と、自身の好意を伝えるヤス。
ついにお互いの気持ちに正面から向き合い始め、距離を縮めていく……。
「……ヤスは私のこと好きになってくれますか?」
いつまでも進展しないケンカップル、遂に恋愛成就?の第4弾!

“三次元の肉塊になぞ欲情しない。二次元こそ至高!“
そんな信条を貫くヤスとポンコツサキュバスのヨミがやっと、やっと向き合うシチュエーションに巡り合えてお互いの気持ちをぶつけ合えたことに人心地がついた。
二人の状況を一言で表現するなら【両片思い】
好意が明らかにダダ洩れなのに何故か関係が進展しないもどかしさを味わせておきながら、意地でも好意を認めない面倒くさい二人の距離感と人目に付かないところではダダ甘でイチャイチャしてエッチな展開にもっていく。落差のある展開とそしてシリーズ4巻までに培ってきたヤスとヨミの関係性がキャラクター同士のかけあいのなかに言外にない感情や深みが込められていて、読むたびにほっこりする内容でした。

そして今回はついにひとつの形として二人の恋愛が成就することとなり、「やっとか……」という思いです。いつまでも欺瞞祭が続いて本音で語り合える関係性が見ることができれば最高なんですけど……