働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

とってもカワイイ私と付き合ってよ!

とってもカワイイ私と付き合ってよ! (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
一人気ままな生活を謳歌する俺が、クラスいちの人気者七峰結朱から受けた突然の告白。それはリア充グループの三角関係解決のための恋人のふりをしてほしいというものだった!
報酬のプレミア付きゲームにつられ、俺はしぶしぶ了承したのだが…。
「ほらほら、可愛い彼女の元気な笑顔が見られて嬉しい?」
教室では猫を被る結朱が俺の前でだけ見せる、ナルシスト全開の言動はウザい。…はずなのにどこか心地よく、二人っきりで過ごす時間は日常を彩り、生活の一部に溶け込んでいき。
陰キャオタクとリア充ナルシスト。趣味も性格もまるで違う二人の“偽物カップル”から始まる、ナルかわ青春ラブコメ

第25回スニーカー大賞 史上初2作品同時受賞!!

スニーカー大賞特別賞受賞作。
人間関係は希薄。学校が終われば自宅に帰り、趣味のゲームに明け暮れる生活を満喫する主人公がクラスの人気者でカースト上位の美少女からの告白と偽恋人の関係を提案されてしぶしぶ付き合う。
七峰との会話は陽キャヒロインらしいノリと勢いやダル絡みに近い掛け合いが特徴的でしたけど、これまでゲーム尽くしの日常だった主人公の世界に新しい彩をもたらしてくれるような軽快なやり取りが読んでいてとても気持ちが良かったです。

クラスの人気者と恋人関係になって一躍クラス中の男子からの視線で針の筵にされる主人公でしたけど、そんな環境に陥っても卑屈さや鬱々とした雰囲気はほとんど感じられることがなかったです。それも、物語の中盤になって語られる事実を踏まえて人物像を鑑みれば納得です。

そして、偽恋人になるきっかけとなった『リア充グループの三角関係の解決』にまつわる流れに本格的に巻き込まれることになる展開。
高校生男女間の友達関係と恋愛感情が複雑に絡み合って、1人の行動がきっかけで崩れ去るような脆さとそれに翻弄される様子と深刻さが痛いほどに伝わってきて引き込まれる展開でした。

王道も王道の学園ラブコメ作品でしたけれど、要所でしっかりとした面白さが突き出ていて安定した面白さのある作品でした。