働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく (GA文庫)

《あらすじ》
「猛毒の白雪姫」こと白金小雪。美少女だが毒舌家な彼女をナンパから救った笹原直哉は、その日から小雪につきまとわれる。得意の毒舌で直哉をからかおうとする小雪だが…。直哉にはまったく効かなかった!やたらと察しがいい直哉は、小雪の言葉の裏にある心を読み取りグイグイ距離を詰めていく。お互いの「好き」を確かめるために。WEB小説発。ハッピーエンドが約束された、すれ違いゼロの甘々ラブコメディ。

鈍感系主人公による無意識の言動にポンコツ化するヒロインが可愛かったり、天然ジゴロが学園ハーレムを築き上げたり、これまでにいろいろな学園ラブコメを読んできたけれど、新鮮な設定と切り口でヒロインがグイグイ攻められていく展開が癖になる作品ですね。

『猛毒の白雪姫』と恐れられる毒舌系ヒロインの言葉の裏をやたらと察しのいい主人公が読み取った結果、晒したくもない本音は全て包み隠さず暴かれ、好きな食べ物に始まり知られたくないスリーサイズまでの個人情報も暴かれ、鈍感系主人公の対極に位置するような主人公のスペックでハチャメチャにな日常が繰り広げられていました。
毒舌クーデレ美少女もそれだけでひとつの属性として確立していて、主人公のここ一番での振る舞いにたまにデレる瞬間が最高にご褒美に感じるのがある種の魅力だと思っていたけれど、ここまで主人公と絡むたびに墓穴しか掘らされないヒロインもそれはそれで乙です。

お互いに“好き同士”で真っ当な交際をしている点、主人公の察しが良すぎてラブコメによく起きるすれ違いがほとんど生じない点、二人が過ごす日常が甘々でとっても幸せそうな点。あらすじにある『ハッピーエンドが約束された』という文言も肯けるし、読んでいて最高に癒されるラブコメでした。

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく - ライトノベル(ラノベ) ふか田さめたろう/ふーみ(GA文庫):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -