働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

豚のレバーは加熱しろ(2回目)

豚のレバーは加熱しろ(2回目) (電撃文庫)

《あらすじ》
剣と魔法の国に再び豚として参上! しかし肝心のジェスがいない。なぜだ! ジェスたそをブヒブヒ舐め回したい一心でやってきたというのに……!
 ……失礼、違うんだ。俺が少し離れている間に、闇社会の連中が王朝に反旗を翻して、この国は今大変なことになっているらしい。俺がここに再臨したのは、そんななかイェスマ解放を目指し戦うイケメン狩人ノットに協力し、残酷な運命を課されたイェスマたちを救うため。
 べ、別に、ジェスへのガチ恋が溢れて会いたくて会いたくて仕方がないだなんて、これっぽっちも思ってないからな!
「くそどーてーさんも、私と同じなんですね。いつか私もノットさんに……」
 こらセレス、地の文を読むんじゃない。あとその呼び方、どうにかならないか?

ジェスたそがいない(ブヒ)。眼鏡ヒョロガリクソ童貞と罵られたい(ブヒブヒ)。豚だけどジェスたそにガチ恋したからもう一度会いに行く(ブヒブヒ)

日本に戻ったブタさんが再び異世界に舞い戻ってくる。
ジェスの記憶が封印されたことで生じた心の隙間。不思議と「自分はこれまで何をしていたのだろう……」と物思いにふける姿に、ブタさんとの冒険の日々に詰まった思い出のようなものを感じました。広大な異世界で物理的な距離は離れていてもブタさんを想うジェスたその清楚さがてえてえです。

ヒロインのキャラ萌え感とブタさんの心が包み隠さずに伝わってしまうシチュエーションからくる恥ずかしさ満載の掛け合いや、ブタさんが欲望丸出しでセレスに眼鏡をかけさせてヒートアップする姿がとても印象的でノリが楽しかったです。
一方で、ジェスやノットをはじめとしたイェスマたちを取り巻く情勢や謎に迫る場面はやや唐突過ぎる展開が見受けられて、少し説明不足感が否めなかったです。とても面白い物語だとは思いますけど読んでいてちょっとついていけていない部分がありました。
豚だけにトントン拍子にいかずにもう少しだけじっくりと世界観を味わいたいと思いました。

豚のレバーは加熱しろ(2回目)(最新刊) - ライトノベル(ラノベ) 逆井 卓馬/遠坂あさぎ(電撃文庫):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -
豚のレバーは加熱しろ - ライトノベル(ラノベ) 逆井 卓馬/遠坂あさぎ(電撃文庫):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -