働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

育ちざかりの教え子がやけにエモい 2

育ちざかりの教え子がやけにエモい 2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
椿屋ひなたが風邪を引いた。担任として、お隣さんとして、彼女の看病はもはや義務のようなものだ。だが体調不良であっても、椿屋ひなたは椿屋ひなたである。「ねえお兄」「どうした」「服、着替えさせて」…それはさすがにおかしくないか?いや、中学生相手に意識している俺がおかしいのか?けれど、これはほんの序の口だった。俺はまだ気付いていなかったのだ。彼女も、それに他の生徒たちも。中学二年生には、風邪よりよほど罹りやすい病があることを―。“育ち盛りすぎる中学生”とおくるエモ×尊みラブコメ、第2幕!

子どもから大人へと移ろいゆく年頃。
中学生の椿屋ひなたが子どもの頃から大好きな小野寺達也に向ける好意が子どもらしくもあり大人びたニュアンスも含まれていて、とてもドキドキさせられる絡み合いが良いです。
ひなたの方はとある出来事を通じて『大人を好きになること』への想いを打ち明け、また一歩殻を破り達也との距離感を詰めようとしている様子が行動にも表れていて、ひなたの変化を感じることができました。
達也の方はひなたとの日々を『子どもとして見ている』と自分のなかに語り掛けているようではあるけれど、それが逆に言い訳にも聞こえるし「ひなたが中学生から高校生、そして大人へと成長したら受け止めてくれるのか……」などという妄想にも繋がります。中学生のひなたと成人の達也っていう世間体が二人の恋愛を邪魔しているのが最高にもどかしい……

ひなたと達也の子ども×大人の関係が変わりゆく一方で、ひなたの周囲をフォーカスしたセンセーショナルな話題も掘り下げられていて見ごたえがあります。ひなたと同じクラスの女の子との間で起こした暴力事件、そしてひなたの友達の女子生徒が好意を抱く成人男性との恋の行方。多感な中学生が純粋に恋愛に一直線にぶつかる姿を真正面から成人男性と未成年との関係という『常識』や『世間体』で殴りにかかり、恋に盲目になっていたところを一気に現実に突き落とすような落差のある展開がグサグサと刺さります。

椿屋ひなたの想いが小野寺達也に届いて幸せな結末を是非とも見届けたい。そんな一心で読んでいたい作品です。


育ちざかりの教え子がやけにエモい - ライトノベル(ラノベ) 鈴木大輔/DSマイル(ガガガ文庫):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -

育ちざかりの教え子がやけにエモい 2(最新刊) - ライトノベル(ラノベ) 鈴木大輔/DSマイル(ガガガ文庫):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -