働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い

世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
ネットから小説家を目指す高校生・米倉透。優等生の浅倉凛に片想い中だが、幼馴染という距離感が邪魔して告白できずにいた。ある日透は、小説を投稿した後SNSに思いを発信する。『俺は幼馴染が超超超大好きなんだああああ―!!!!』以来、クールな凛の態度が変わりはじめて…。手料理を振る舞ってくれたり、映画デートに誘ってくれたり、「私とハグ…してみますか?」とのお誘いも!?「勘違いしないでください。あくまでも、疲労回復のためです」「…(その割には準備万端だな)」あと一歩素直になれない幼馴染たちの純度100%青春ラブコメ!

いつか幼なじみに自分が書いた小説を本にして読ませてやりたい!!
小さい頃に幼なじみと約束した夢を掲げ、二人は高校生へとなり、主人公はネットからの小説家デビューを目指し日々更新を続ける。
そんな二人が過去に交わした約束と幼なじみという距離感が絡まり合い、『まだ小説家としてデビューしていない自分ではふさわしくない』『容姿端麗、成績優秀で誰もがうらやむ美少女の幼なじみと釣り合わない』という責任感をこじらせて、両片思いなのに最後の一歩がお互いに踏み出せない。だけど両片思いで両家とも家族ぐるみで仲の良い関係で糖度高めの青春ラブコメなイチャイチャライフを送ってる。
あらためて幼なじみが作り出す主人公とヒロインの関係性の特殊性と物語において幼少期のエピソードを盛り込める強みをひしひしと実感ができるラブコメ作品でした。

bookwalker.jp