働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

夢見る男子は現実主義者 3

夢見る男子は現実主義者 3 (HJ文庫)

《あらすじ》
夏休みなのに学校行事の手伝いや古本屋のバイトで働き詰めの渉。過去の経験から仕事では有能なおかげで、四ノ宮先輩に褒められたり、美人女子大生(?)の笹木さんや、同級生の文学少女・一ノ瀬さんとの絡みが増えたりと、女の子の影がチラホラ。そんな様子を目にした愛華も自分の気持ちに向き合い始め、「せっかく久し振りに会ったのにっ…さみしいじゃない…」と思わずデレる一面が!?我に返った渉にまさかのモテ期到来で人間関係が動き出す第3巻、書き下ろしも満載で登場!

高校生にとっての夏休み。学校へ行くこともなく多くの学生たちが思い思いの時間を過ごすなか、愛華と佐々木は文化祭実行委員としての活動のため学校へと行き、渉は古本屋でのアルバイトに勤しみつつも風紀委員の受け持つ学校行事の手伝いとして呼び出される。
物語の渦中にいる渉と愛華の夏休みの間の日常と学校行事を通じて偶然の再会をはたした二人のラブコメ劇を描いた内容となっていました。

佐々木といえば、愛華をめぐって渉に対してライバル心をメラメラと燃やしている雰囲気のあるサッカー部のイケメンキャラクター。朧気ですが、クラスで文化祭実行委員を決めるときに愛華と何かしらの接点を持つために立候補なり他薦なりを受けてその座におさまっていた覚えがあります。
そんな佐々木と愛華は学校行事の手伝いを通じて表面的にですけれど仲良くなっている風に見受けられたけれど、本命は渉が気になる(LOVE)し隠し切れない様子がいたるところで態度にあらわれて、「なんだこの可愛い生き物は!?」というのが素直な感想でした。渉が自分から離れて始めて気が付いた愛華のなかにある恋心の萌芽。それが夏休みの期間にもドンドンと強くなっていき、お互いに学校行事を通じて偶然の再会をはたしたときに爆発したときの愛華の感情がとても印象的でした。佐々木と話しているときの何倍も嬉しそうな表情をするし、何よりも渉を常に目で追って探し続けるじれったさが最高に可愛かったです。
直接的に渉と愛華が言葉を交わして関係を進展させるイベントは少なかったけれど、ときおり愛華視点の日常シーンと彼女の心境が1人称視点で描かれることで、今後の渉×愛華をより面白くさせてくれる感じがあって良かったです。

全体を俯瞰すれば、『渉のモテ期到来!?』なように感じるけれど本命はやっぱり愛華ルート。彼女とのイベントのほうが他の何倍もラブコメ成分にあふれているので見ていて楽しいです。
次の新刊も楽しみにしています。興味のある人は是非読んでみてください。

bookwalker.jp
夢見る男子は現実主義者(HJ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER