働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり (1.抜錨編<上>)

ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり (1.抜錨編<上>) (アルファライト文庫)

《あらすじ》
オタク自衛官・伊丹耀司の活躍により「門」が再開通を果たしたあと、日本政府は自衛隊を動員し、特地とのさらなる関係強化を企図していた。そんな中、調査任務を帯びて特地を巡る海上自衛隊の江田島五郎一佐と凄腕料理人の徳島甫二曹に対し、拉致された米国籍ジャーナリストの奪還に関わる特命が令される。二人はおやしお型潜水艦に乗り込み、異世界の海へ船出する!

伊丹により日本と異世界の門が再開通したあとのお話なので、シーズン1で登場したキャラクターが作中の所どころに名前だけ登場しているところが前作のファンとしてはとにかく感慨深かったです。
そして。シーズン2では海上自衛隊に所属する徳島と江田島の二人が中心となり物語が進んでいきます。
シーズン1でも印象的でしたけれど、異世界で権謀術数が繰り広げられている状況と長距離での情報伝達の難しさが悪意を振りまく人間の意図した方向に進められたときの鬱々とした展開と悲惨な末路を容赦なく物語に組み込むところにいつもハラハラさせられます。
それでも必死にあがき続ける江田島と徳島の戦いと緊迫したなか命を落としかけないギリギリの状況で運を味方につけて大逆転を成し遂げる。
全体的に鬱展開が強めだけど最後の逆転劇のおかげで読後感はある程度スッキリしたものなのが救い。
それとシーズン1のテュカ、レレイ、ロウリィのポジションに代わる3人の女の子が唯一の華であり目の保養です。やっぱり黒獅子さんのキャラクターは良いです。

bookwalker.jp
(文庫版の電子書籍がBWにありませんでした)