働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
お見合い話を持ってくる祖父に「金髪碧眼色白美少女なら考える」と、無理難題をつきつけた高校生・高瀬川由弦。数日後、お見合いの場にいたのは同級生の雪城愛理沙!?由緒ある家に生まれたため、幾度となくお見合いを勧められうんざりしていた二人は、お互いのために、嘘の『婚約』を交わすことに。異性との交際経験がない二人は嘘を貫くため、愛理沙が手料理を振る舞ったり、娯楽施設でデートをしたり、と初々しくもあまい時間を重ねていく。急速に二人の距離が縮まる中、家族から「二人の仲睦まじい写真が見たい」と言われ…!?嘘の婚約から始まるピュアラブコメディ、開幕です。

「彼女はできたか?」「好きな人はできたか?」「曾孫の顔がみたい」
執拗に家族から持ち掛けられるお見合いを断るために「(絶対にそんな人はいないだろう……)」と無理難題をふっかけたら同級生の女の子とお見合いをするはめになり、面倒ごとを避けるために二人は“偽恋人”となり“嘘の婚約”を交わすことに……。
前時代的な雰囲気の“お見合い”を勧められるような家庭環境に生まれた二人の背景については物語の全体を通して明らかになるのでここでは割愛しますけれど、最近のラブコメ作品は教室や部活動などでの日々を通じて関係を育んでいく展開よりも、主人公とヒロインの生活圏やプライベートな部分に深く関わりをもたせて半同棲的な距離感で関係が進展していく作品が多い印象ですね。お互いの好意があって恋人になるのとは逆で、(仮)恋人になってから好意を抱く……普通ならありえないようなシチュエーションだけど、どっちが先でも美少女と仲睦まじくしているからオールOKで楽しめるからラブコメは何度読んでも良い。
“お見合い”をして二人の家族からも表向きは“婚約者同士”という立場にあるだけに表向きはそれらしく振舞おうとする二人だけど、恋人らしさを突き詰めるほどお互いに恥ずかしさが表面に出てきて、そこにピュアで甘酸っぱい高校生男女のぎこちない恋模様が描かれていてたまらなかったです。
始めは打算や思惑で結ばれた二人ですけど、この先どんな日常を送っていくのかとても気になります。

bookwalker.jp