働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File2

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Secret File2 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
少年・少女たちの更なる秘密が白日の下に―ルゥ家の可憐な三姉妹が遂に直接対決!?王女の品格を競う三番勝負、開始!!―『完全無敵のお姉さま』最上位戦闘員・使徒聖。帝国を代表する彼らが何故かニューイヤーレターを巡って大暴れ!?―『天帝直属、最上位戦闘員』師匠の訓練に最後まで耐え抜いた2人―の片割れであるジン。凄腕狙撃手、そしてイスカの相棒であるジンが幼少期に師匠から預けられた言葉とは―『世界が知らない予言』ドラゴンマガジンに掲載された短編に書き下ろしを大幅追加した、大人気シリーズの短編集第二弾!

イスカとアリス。遠い異国の地であろうと何が何でも二人を出会いに導き騒動へと誘う。そんな二人を中心に巻き起こる本編とは違う、ときには日常イベントを満喫し、ときには優れた身体能力を無駄に駆使して使徒聖たちによる年賀状配達で勝敗を争ったり。本編でのイスカとアリスによる背中合わせの共闘やお互いの想いを胸に刃を交えて戦う姿も良いけれど、血生臭い戦いから距離を置いてリラックスしているほのぼのとしている日常を満喫している光景に本編とのギャップがあって癒されます。これまでの物語のなかで培ってきたキャラクターの個性や人間関係も短編集のなかで反映されるし、シリーズが進むにつれてイスカとアリス以外にも天帝国側からはジン、ミスミス、音々たちの部隊メンバー、ネビュリス皇庁側からはメイドの燐、シスベル、イリーティアなどのキャラクターたちが参戦。
キャラクターが増えればいろんなカップリングを組めるだけの選択肢が増えるし、なによりも人数が増えれば盛り上がって楽しいです。
これまで悪役ポジションの印象が色濃くあったイリーティアが魔女としての力が関与する余地もなく、アリスやシスベルと肩を並べて『第1回・真の王女決定戦』という俗世にまみれてイベントに参加して競技に参加している姿も描かれていて、本当にシリーズファンにとっては最高に楽しめる短編集だったと思います。


bookwalker.jp