働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

中古(?)の水守さんと付き合ってみたら、やけに俺に構ってくる2

中古(?)の水守さんと付き合ってみたら、やけに俺に構ってくる2 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
ビッチとして有名な学校一の嫌われ者な少女・水守結衣と付き合うことになった里久。だが、周囲からの注目を避けるため、二人はその関係を秘密にしていた。特に、里久の後輩――双葉涼音には、絶対に知られない方がいい。
そんなふうに恋人生活を過ごす中で、ある日、里久は結衣と一夜を共に過ごすことに!?
そして、水守が誰にも言えなかった過去が少しずつ明らかになり――!?
「――今夜、私の家に泊まらない?」
「じゃあ、恋人っぽいことでもする?」
「うん、好きだよ。こんなに誰かを好きになったの、初めてだと思う」
中古(?)で一途な女の子との青春ラブコメ、第二弾


「頼んだらやらせてくれそう」「ビッチで男を食いあさってる」そんな声が聞こえてきそうなイメージで学校一の嫌われ者の美少女・水守結衣と交際することになった主人公の十神里久。
クラスメイトにも知り合いにも知られないようにするため外で二人が会う機会は極力回避し、ひっそりと誰にも目につかないところや家で過ごして仲を深め合う二人の関係。付き合っているのに学生らしい青春を謳歌できない一方で、周囲の目を気にしながら交際を続ける二人の関係が、水守の噂話を発端とした問題の根深さが強く印象付けられますね。
二人で外でお買い物をしたり、手をつないでデートをしたり、アミューズメント施設で楽しんだりなど。そんな日々は送れないながらも、学校一の嫌われ者の水守結衣の純粋で優しい一面を好きになり一途に好意を向けている主人公とのラブコメがとても心温まる内容となっていてとても面白かったです。
そして、二人の関係を後押ししてくれる形で里久の後輩の双葉涼音や二人の関係を唯一知っている来栖流花がやさしく協力してくれている関係性にホッコリさせられます。
シリーズ第2巻ではこれまで頑なに口を閉ざしてきた『水守がビッチとして有名になった噂の真相』が信頼している相手だからこそ打ち明けられる・自分を知ってもらいたいという心境から相手に歩み寄るシーンもあり、キスなどの体の関係だけでは表しきれない心の関係が深まる展開が満載な作品でした。

bookwalker.jp