働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1

いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1 (HJ文庫)

《あらすじ》
《今日こそ、こうちゃんに告白するんだから!》 特にモテる訳でもない男子高校生・二武幸太(にたけこうた)に、いきなり聞こえてきた声。 それは、いつも彼にそっけない態度をとる幼なじみ・夢見ヶ崎綾乃の心の声だった! 綾乃が自分にベタ惚れなんて全く知らなかった幸太だが――。 《本当はこうちゃんの方から話しかけてほしかった……。》 いきなり筒抜けになった綾乃の片想いに彼女を意識しだす幸太。 しかしそこで「心の声」の意外な副作用が見つかって――!?

注意! 使用者は愛の告白をされたら死ぬ!!

小さい頃に引っ越して別れることになった幼なじみの女の子と高校生になって再会。
主人公である二武幸太がかつて伝えられなかった思いを胸に秘める一方で、塩対応な幼馴染みの気持ちがわからなくなり、ひょんなことがきっかけで出会った神様によって心の声が聞こえるようになります。

神様との出会いによって一変する主人公の学校生活と運命的な再会を果たした幼馴染みとの両片想いラブコメですが、『心の声が聞こえて両想いなのが筒抜け』『告白が成功する確率100%』にもかかわらず、心の声が聞こえる副作用により『愛の告白をされたら死ぬ』という呪縛がクリティカルヒットすることでイチャイチャ度&糖度MAXの甘々なラブコメなのに結ばれないもどかしさが半端じゃないです。
素直になれずについ棘のある塩対応をとってしまう幼なじみが心のなかで1人反省会をするところの可愛さと慰めたくなる愛らしさがキャラクターを魅力的に見せていて最高でした。

『幼馴染みの心の声が聞こえる』ことを目的に神様からもらった力ですが、『異性の心の声が聞こえる』ことが根本にあるためクラスメイトの心の声も拾ってしまい、そこから新たな展開に発展する場面も描かれていて、幼馴染みとの両想いラブコメがメインで進む一方で主人公のクラスメイトを巻き込んだ展開にも広がりを見せていて汎用性が高くて面白かったです。
「あれ、男だと思っていた親友からも心の声が聞こえるぞ……」←よくありますよね。

両想いだけど神様の力により結ばれることが許されない幼馴染み×高校生男女の学園ラブコメ。好きな女の子の心の声が聞こえてイチャイチャ糖度MAXの甘々な展開が読みたい人にオススメの作品です。

bookwalker.jp