働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた

お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた (MF文庫J)

《あらすじ》
高校生の不破大翔は孤高の秀才を演じるため、他人に弱みを見せないように生活している。しかしある日、道ばたで猫に猫語で話しかけている姿を朝日優衣奈に動画撮影された上、隠れ声優オタクなことを見抜かれてしまう。
優衣奈は『お嫁さんにしたいコンテスト』で1位だった超絶美少女なのだが、実は女性声優オタクで、しかも最推しが大翔と被っていた!
「わたしと一緒に推しのイベントに行ってください!」「断る。俺は1人で楽しみたいんだ」
「先輩? わたしが弱みを握っていること、忘れちゃったのかにゃあ?」「くっ……!!」
最初は噛み合わなかった2人が、好きなものを共有して少しずつ近づいていく恋愛小説。

f:id:murabito1104:20210207234222p:plain

「秘密にしてほしければ、一緒に推し活しませんか?」
隠れ声優オタクの主人公が超絶美少女で同じ女性声優を推している後輩に秘密がバレたことで始まる二人の新たな日常。
兎にも角にも後輩に秘密を握られることでマウントを取られ半強制的に一緒に推し活をさせられていて、生粋の陰キャと陽キャのノリやスタンスがあわないような距離感の取り方がまさに二人の個性を物語っていたと思う。
それでも、同じ女性声優に対しての並々ならぬファン魂が二人の共通項として少しずつ意気投合していき、日に日に楽しそうなやり取りをする姿も増えウザ絡みしてくる優衣奈の愛らしさに磨きがかかってきてとても癒される作品でした。
まだ二人の目には憧れの女性声優の姿しか映っておらず仲の良い先輩後輩の関係性が強いけれど、一緒に行動をするなかでのちょっとした瞬間に思わずドキッとさせられるシチュエーションも度々見られ、少なからず意識していた異性に対しての認識がハッキリとした好意への移ろいゆくとき、無邪気に推し活をしていた二人がどんなリアクションをとることになるのか。そして『お嫁さんにしたいコンテスト1位』の超絶美少女と関係をもった陰キャ主人公の学校生活はどのような展開をたどることになるのか。

今、続きが凄く気になる作品のなかでもトップクラスなので是非とも売れて続巻を期待したいです。

bookwalker.jp