働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 3 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
囚われの傀儡師(ヒューゴ)を仲間に迎えた【話術士】のノエル。クランの頂点・七星(レガリア)を目指す彼は嵐翼の蛇(ワイルドテンペスト)を従え、次々と強力な悪魔(ビースト)を討伐する快進撃を見せていた。
その裏で、『冥獄十王(ヴァリアント)』降臨が迫る中、指揮権を巡り互いに牽制を続ける探索者(シーカー)達だが、ついに均衡が崩れる。七星の一角・人魚の鎮魂歌(ローレライ)が悪魔を利用した“極秘計画”を発動。計画実現による功績を盾に取り、指揮権を一気に手中に収めんと暗躍する彼らに対し、ノエルは自らの命をも懸けた大胆な策に出るが……? 
最凶の話術士による完全無欠の組織ファンタジー、陰謀と渾沌極まる第3幕! 
――そして、もう一人の話術士が目を醒ます。

戦闘に不向きな支援職【話術士】の力を駆使して、英雄だった亡き祖父に憧れ、最強の探索者を目指す主人公が格上のクランを相手にも徹底的に噛みついていき、権謀術数で貪欲に勝利をもぎ取っていくダークヒーローぶりがカッコよく決まっているファンタジー作品ですね。
ノエルが結成した新興クランは探索者界隈で破竹の勢いでその名を轟かせる存在として話題にもなり、その動向が最も注目されているなかで、少ないメンバーながらもなかなかの曲者が揃っていて、前巻では元Aランク探索者のヒューゴを味方に加えたことでさらなる戦力の増強を図ったところだったと思います。
まあ、戦力が増えたといっても1人で一騎当千の働きをしてくれる人間が増えただけで、根本的なメンバー不足には変わりないですけど、今回のターゲットになるクランを相手には戦力の要となってかなりの戦いぶりで見ごたえがありました。
この作品においてはノエルを含むクランのメンバーたちがつ職業の個性や戦闘スタイルが、一連の戦いの場面でも全力で披露されていて、まさに一進一退の戦局が展開されているのでバトルシーンは見どころでした。

それでも最も注目すべきポイントはやはりノエルの心根にある『最強の探索者を目指す』という執念でしたね。
『自らの命をも懸けた大胆な策』、勝利できる可能性が限りなく0の相手を目の前にしても、『勝つ』か『負ける』でしかとらえず、たとえ何を犠牲にしたとしても勝利をつかみ取る。そんな価値観が透けてくる頭のおかしい主人公だと感じました。
物語の舞台をリアルに考えるなら『最強の探索者になって天寿を全うする』のが普通だと思うけど、『最強の探索者になるためなら命を犠牲にでもする』ような思考なので、なんか最強になった瞬間に燃え尽きて死にそう。
3巻ではかなりの強敵を相手にして辛くも勝利をおさめた代わりに失うものも多く、はたしてこの先に待ち受けるノエルの覇道がどのようなものになるのか。続きが気になります。

じゃき(マンガ、ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER