働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい

幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「放課後、話があるから待ってて」
 最近はロクに話すらしていなかった幼馴染・雛形栞から
突然呼び出されることになった俺、殿村隆之介。まさか告白――
「好きな人ができた」「……おう……ああ、うん、あ、そ」
どうやら、彼女いない歴=年齢の俺に恋愛相談をしたいらしい。
人選を間違えているような。ちなみにどんなヤツなんだ?
1.身近にいて優しくてイケメン
2.同じ学校にいるから話そうと思えば話せる
3.連絡先は知らない――見当もつかないな。
≪4.昔からずーっと好き≫
ん? これってもしかして……!?
高2。夏。不器用な幼馴染同士。甘くて焦れったい恋物語。

f:id:murabito1104:20210413003020p:plain
f:id:murabito1104:20210413003030p:plain

幼なじみの雛形栞から「好きな人ができた」という恋愛相談を受けたことをきっかけに、これまで疎遠気味だった二人の関係が新たにスタートする。
傍から見ていれば『両想い』なのは明々白々だけれど、奥手な幼なじみの栞の遠回しなアプローチと好意に鈍感で『好きな人は自分じゃないかもしれない』という胸中から一歩を踏み出すことができないヘタレの隆之介の関係はとても甘くて焦れったい青春ラブコメぶりでした。
幼なじみが大好きな相手に向けて健気にアプローチを仕掛けるの可愛らしさがとても良く演出されているし、空振りに終わったときの悲壮感が漂う姿や細かい感情の機微が色々な場面において様々な形で行動やしぐさに現れていたので、ラブコメヒロインにおけるキャラクターの魅力が最高に引き出されているように感じられました。
やっぱりラブコメヒロインは可愛くてこそ楽しめるジャンルだと思います。

恋愛相談をきっかけに再び歩み寄り始めた二人の関係はとあるラブホ騒動をきっかけにまた一歩距離が近づき始めているように感じれる描写もあり、今後の二人の恋愛関係がどのような結末に向かってくるのか続きがとても楽しみです。

bookwalker.jp
youtu.be