働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 2

D級冒険者の俺、なぜか勇者パーティーに勧誘されたあげく、王女につきまとわれてる 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
勇者・レティノアの熱烈なパーティー勧誘と、王女・ラフィネの過剰な愛から逃れ、魔導国家マギコスマイアにやってきたジレイは、かつて窮地を救った少女・シャルの家に居候中。しかし魔導学園の学園長であるケット・シーのアルディのせいで、魔導大会への出場と、魔導学園での勤務を押しつけられてしまう。
そんな折、ジレイは白魔導士のイヴと再会。更には学園の生徒たちにも懐かれ、ジレイの周囲はにわかに騒々しくなった。そして始まった魔導大会。ジレイは圧倒的な実力で勝ち抜いていく。そんなジレイの前に、謎の少女・エンリが現れて――? 怠惰なのに強すぎる冒険者の無自覚無双ファンタジー、第2幕!

布団に包まり日々を怠惰に暮らしたいジレイだけど行く先々で様々なトラブルに遭遇し、ついつい首を突っ込んでしまう面倒見の良さが多くの人間を救い人生を変えるきっかけとなる。
そんなジレイがかつて救ってあげた一人の少女と広大な世界での運命的な再会が、王女・ラフィネや勇者・レティノアに次ぐさらなる愛の逃走劇を繰り広げるヒロインを生み出していて、ヒロインたちの可愛さを“りいちゅ”さんのイラストと共に楽しむ一方で、追うヒロイン×魔法も駆使して全力で逃げるジレイの構図が痛快で最高に面白かったです。

2巻では白魔導士のイヴとの再会を機に会話が弾み、ひょんなことがきっかけでかつてイヴを救ってくれた恩人や魔導国家マギコスマイアを救った英雄の存在について知ることとなり、彼女の回想シーンを含めて物語が進んでいきます。
お約束展開を見越したメタ読みをすればイヴとジレイの繋がりにもおおよその検討は尽きますけれど、それを踏まえても回想シーンから展開されるイヴの生い立ちと白魔導士としての道を歩むまでの全てが記されていて、なかなかにドラマチックで感動的なエピソードになっていてイヴというキャラクターの個性を深掘りする素晴らしい内容でした。

今後の展開を見据えても、レティノア、ラフィネを始めとしたキャラクターとの修羅場を繰り広げるなかでジレイへの想いに拍車をかける要素にもなっていて、ラブコメ展開を楽しむうえでの醍醐味が散りばめられていて新刊がとても楽しみです。


bookwalker.jp