働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた

他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた (角川スニーカー文庫)

他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた | シリーズ紹介 | スニーカー文庫(ザ・スニーカーWEB)

f:id:murabito1104:20210502225216p:plain

f:id:murabito1104:20210502225230p:plain

f:id:murabito1104:20210502225240p:plain

f:id:murabito1104:20210502225249p:plain

欠席、遅刻の常習犯で授業中は寝てばかり。クラスメイトとも交流しようとせず、高校では問題児扱いされている。ただ、冷たい雰囲気ながら目も覚めるような美貌のため、密かなファンは多く、良くも悪くも注目を集めている江南梨沙。
そんな問題児を教師からの信頼厚いクラス委員の大楠直哉が彼女を進路面談に出席させる依頼を受けたことを機に接点が生まれ、二人の関係が始まる学園ラブコメ作品です。

学校というコミュニティのなか、それぞれ異なる環境で育ってきた高校生たちが集う空間。裕福な家庭で育ち家族にも恵まれ順風満帆に人生を歩んできた人間もいれば、複雑な家庭環境で育ったがゆえに曲がった生き方をする人間もいる。高校で問題児として扱われる江南もその一人であったが、そんな彼女の生き方が主人公の怒りに触れ同年代相手に説教した結果、これまで型にハマった対応しかしてこなかった教師陣には無いものを感じ取り懐かれることとなっていました。
ラブコメにおける主人公×ヒロインの出会いのシーンのインパクトはこれまで読んできた数多くのラブコメ作品のなかでも群を抜いて印象的でした。
人の心に響く言葉、共感を呼ぶ言葉はそれ相応の想いがあってこそ伝わるもので、これまで他人の言葉に全く聞く耳をもたなかった江南の心を動かすものとしては最高に良いセリフでした。

そんな問題児を学校に真面目に通わせることに成功した主人公ですが、密かなファンの多い江南と唯一なかの良い異性ということでトラブルに巻き込まれたり、江南と過ごすひと時のホッコリした空気感を醸し出したり。
なかなかに魅力的な青春ラブコメ作品でした。

kakuyomu.jp