働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

才女のお世話1 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました

【電子版限定特典付き】才女のお世話1 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました (HJ文庫)

《あらすじ》
男子高校生・友成伊月は、誘拐に巻き込まれたことが切っ掛けで、日本随一の財閥のお嬢様・此花雛子のお世話係をすることに。
表向きは才色兼備な雛子だが、その正体は生活能力皆無のぐうたら娘だった。
しかし、家の都合で、学校では「完璧なお嬢様」を演じなければならない雛子。そんな彼女を守りたいと思い、甲斐甲斐しく世話を焼く伊月。やがて雛子も伊月に全力で甘えてくるようになって――
「今は……伊月が傍にいない方が、嫌」
ギャップ可愛いお嬢様との主従を越えて始まる恋物語。

両親の借金が原因で住むところが無くなり途方に暮れていた男子高校生・友成伊月が此花雛子のお世話係として雇われたことで始まる二人の関係。
伊月に運命的なものを感じ取った雛子が他人の目の無い所では全力で甘えてくるところと、庶民育ちの伊月と生粋のお嬢様の雛子の間にある価値観のギャップが日常の何気ないシーンでさえも波乱続きの原因になっていて良い意味では賑やかな掛け合いになっていて面白かったです。

この作品において特に印象的だったのは、これまで庶民の生活を送ってきた伊月が現在の境遇に置かれるにあたって上流階級のマナーを叩き込まれ、雛子の唯一無二のお世話係として奮闘しているシーンと彼の成果が様々な観点から描かれているため、とても密度の濃い毎日を過ごしていてなおかつそれを物語に落とし込んでいるところでした。
物語をテンポよく進めるのであればカットしてもよさそうな部分も丁寧に描かれているため、作品が全体的にとてもボリューミーな内容になっていました。おそらく物語の展開のテンポとしては比較的遅めであったと思うけれど、それが逆にキャラクターのパーソナルな部分を掘り下げる要素になっていて良い方向に作用している風に感じました。
作品全体の印象としても『庶民の男子高校生×財閥のお嬢様』の空気感または世界観がしっかりと出来上がっていて、個人的にも物凄く印象に残る良い作品でした。

伊月×雛子の関係は二人の出会いを機にひとつ屋根の下で過ごす関係になってから日に日に変化していき、物語終盤では新たな転機が訪れることとなりました。
二人の関係がこの先どのようなものになるのか。新刊が楽しみでしかたがないです。

bookwalker.jp