働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺は知らないうちに学校一の美少女を口説いていたらしい1~バイト先の相談相手に俺の想い人の話をすると彼女はなぜか照れ始める~

俺は知らないうちに学校一の美少女を口説いていたらしい1~バイト先の相談相手に俺の想い人の話をすると彼女はなぜか照れ始める~ (HJ文庫)

《あらすじ》
趣味の読書を通じて友人になった学校一の美少女・斎藤玲奈と田中湊。ただの友達のはずが、二人の距離は少しずつ縮んでいくことに!ある日、恋愛に不器用な湊は、バイト先の先輩女子に恋愛相談することになり――でもなぜか彼女の顔は真っ赤で……?
「……べ、別に気にしないで。続けて、田中さん」
(こんなに私のことを想ってくれてるなんて……んーっもう!)
相談相手が想い人本人だと気付かず、ひたすらに募った想いを本人に語って照れさせる!無自覚系ラブコメディ開幕!!

落とした生徒手帳を届けたことがきっかけで交流をもった冴えない見た目の田中湊と学校一の美少女・斎藤玲奈。
ある日、アルバイトが原則として禁止されているなか隠れてするため「ワックスとスプレーで整えて眼鏡をコンタクトにして変装すればばれない」という提案を受け、普段の容姿とはかけ離れた整った容姿へと変貌を遂げる。
結果、バイト先の先輩女子(本人)に学校一の美少女(同一人物)との恋愛相談の相談をするという珍事が発生(しばらくお互いにマジで気が付いていません)
言うなれば、攻略対象のヒロインの好感度を最効率で稼ぐ術を実生活で備えたラブコメが可能となりました。
玲奈のほうからしてみたら、湊の正体に気が付いたとしても「自分に対する胸中を真正面から聞かされる」嬉しいやら恥ずかしいシチュエーションに立たされるわけですから、もう顔から火が出るくらい感情を揺さぶられる展開必至。
湊の正体に気が付いていないときもそれはそれでラブコメ的においしい展開に繋がりますし、「お前ら早くお互いの正体に気がつけよ!!」と紙面越しに声を届けたい気持ちに駆られる部分もありましたけど、二人のじれったいやり取りもまた乙でした。

bookwalker.jp