働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね(4)

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね(4) (電撃文庫)

《あらすじ》
俺とヨルカが付き合い始めて、約四ヶ月。数多くのデートを重ね、ついに念願のファーストキスも交わした。
やがて季節は夏。大好きな恋人と好きなだけ一緒に居られる特別さを噛みしめながら、一片の悔いも残さず高校二年の夏休みを満喫しようとする俺達。
文化祭の準備で忙しくなる中でも時間の隙間を縫っては密会。夜は時間を気にせず夜更かしして長電話。水着選びに、夏祭り、そして定番のデートも。今日、明日、明後日と恋人とのスケジュールを埋めていく。……幸せだ。
「楽しいな、夏休み」
『楽しいね、夏休み』
そして瀬名会メンバーによる海へのお泊まり旅行で、事件は起きる!? 夏の魔物も暴れ出す両想いラブコメ第4弾!

希墨とヨルカの恋人関係も順風満帆。
SNSの通信インフラ関係が充実した現代っ子の二人がどんな学生ライフを送っているのか。
深夜の長電話でお互いの声を聞き合い、ビデオ通話に切り替えて離れていても姿を確認しあう……
一時も離れたくない・繋がっていたい。そんな二人のラブラブ度合いにお腹いっぱいにさせられて胸焼けを起こしそうです。

季節は夏。ラブコメと言えば水着!
瀬名会メンバーによる海へのお泊り&水着イベント。美少女ヒロインの水着姿を切り取るには最高のシチュエーションでイラスト映えもする季節。ついでに夏祭りで浴衣姿もあり。とっても目の保養に良い1冊でしたね。

ラブコメのシーズンイベントを通して希墨とヨルカが恋人としての思い出を作るなか、それでもブレずに希墨へと迫る朝姫。
「朝姫さんはメンタルつよつよヒロインだな……」
高校生の恋愛なんてくっついたり離れたりを繰り返すような関係で、些細なことがきっかけで別れるかもしれない。むしろ高校生の頃の関係がそのまま続くほうが稀有とも思えます。
「フラれたからってこの恋心が冷めるわけではない」
そんな風にも思えてきて、虎視眈々と機会をうかがうスタンスの朝姫さんが実は堅実なんじゃないかと自分は感じ始めました。
いや~、学園ラブコメっていいですね!!
5巻も楽しみにしています。

bookwalker.jp


羽場 楽人(ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER