働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い 5

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い 5 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
今回の佐藤さんはひと味違う!
文化祭にて佐藤さんに可愛い一面を知られてしまった押尾君。
そんな状態で動物園デートをすることになってしまった彼は、彼氏の威厳を取り戻すべく、漣たちの力を借りて作戦を練る。
だがその裏で、押尾くんの照れ顔ショットを収めようと画策する佐藤さん、二人の仲を割くために奔走するSSFの残党、妹を思う気持ちから凛香を釣りだす京香、友人のデートの野次馬を予定する澪一党、それぞれがそれぞれの思惑を抱え、当日を迎える。
動物園を舞台に繰り広げられる恋愛““頭脳””バトル――。
大丈夫!!
今回も120%甘いです。

佐藤さんは照れさせたい!!
押尾くんの照れ顔ショットを収めようとする佐藤さん VS 佐藤さんの前で威厳のある彼氏を演じる押尾くんの恋愛頭脳バトルが繰り広げられる……、メッッッチャ頭の悪い頭脳バトルでした。
脳死で恋人ライフを満喫していたら、佐藤さんが学校でひたすら惚気話をクラスメイトとしている光景がひたすら描かれて、押尾くんはシーズンイベントを通して佐藤さんとの思い出を作っていくだけでいくんだろうけど、二人の友人たちが裏で画策したり野次馬になってデート現場に乱入したり。
佐藤さん×押尾くんにスポットを当てると甘々なラブコメだけど、二人の周囲に視野を広げるとなんとも賑やかなイベントが勃発していてとっても楽しそうでした。
塩対応の佐藤さんファンクラブ(SSF)が二人の仲を引き裂くために画策したり、こはるが押尾くんへの恋心にひとつの決断をくだし、いろいろなことが二人のデートをきっかけに勃発していてかなり波乱の展開でした。

シリーズ第5巻も文句なしに甘々で最高のラブコメ作品でした。
佐藤さんの彼氏に抱いた恋心に報われないとわかっていても抑えきれない感情に戸惑いながらもけじめをつける。どうやっても負けヒロインにしかならないこはるを見るのが辛かったけれど、これも……ラブコメ作品の宿命ですね。



bookwalker.jp

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い(ガガガ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER