働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?2

飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「おかえりさなさい、結城さん。今日も一日お疲れ様でした」
勉強にアルバイトと忙しい日々を過ごす結城に彼女が出来た。
毎日とびきりの笑顔で出迎えてくれる彼女に満たされ、小鳥もまた結城との同居生活で心の傷を癒やしていくのであった。
そんな日々を過ごしていたある日、結城と小鳥は1人寂しそうにポツンと佇む隣人の少女と出会う。
孤独な少女が2人の生活に加わることで、まるで新婚のような暮らしがはじまって?
「私、結城さんの彼女になれて本当に良かったです……!」
家族のような繋がりの中、磨り減った2人の心は更に満ちていく。
生きる事を諦めた女子高生との幸せな新生活、第2幕。

最高に自分に尽くしてくれる彼女、最高にとびきりの笑顔で家に帰ると出迎えてくれる彼女、最高の手料理を振る舞ってくれる彼女。
「あなたのお節介で救われる人がいたんです……」
飛び降りようとしていた女子高生を助けたことで手に入れた幸せな生活。恋人でもあり、家族のような繋がりを持つ小鳥との幸せに満ち溢れている日々と「俺の彼女がマジで可愛いんだこれが!!」なノリで惚気話を耳にタコができるペースでまくしたてられる光景が繰り広げられていて、糖分たっぷりの甘々なラブコメ展開でした。

結城のお節介によって救われた小鳥ですが、ひょんなことがきっかけでお隣さんの家族と交流が芽生えることに……。
いつも1人でコンビニのお弁当を食する孤独な少女・堀井ユイと偶然やってきた秘書との邂逅。
「もっとユイちゃんと仲良くなりたい……」
そして、少しずつ明らかになるユイとその母親の関係性と家庭の問題。
かつて、結城のお節介で救われた小鳥が、目の前で悲しむユイを目の前にして、かつて自らも救われたお節介で『他人の家庭の事情』に全力で首を突っ込んでどこまでも尽くしていく。やさしさとぬくもりにあふれている結城と小鳥の行動が感動的で、とても家族愛にあふれるハートフルな物語でした。
ぶっちゃけ、ガチで泣けてきました。

bookwalker.jp

飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?(角川スニーカー文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER