働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

夢見る男子は現実主義者 5

夢見る男子は現実主義者 5 (HJ文庫)

《あらすじ》
秋の一大イベント文化祭に向けて、波乱の2学期が開幕!
バイトで懐かれた一ノ瀬さんにくっつかれ、衝撃の2学期明けを迎えた渉。さらに数日後、登校して下駄箱を開けると――
「おぼぼぼ俺にラブレター! ! ?」
明らかに女子からと思われる可愛い手紙まで頂戴することに!
そんな姿を間近で見る愛華は気が気でなく、正体不明の焦りに戸惑うばかり。それでも文化祭実行委員の仕事には真面目に取り組むが、今年の文化祭は一筋縄ではいかないようで……?
愛華の殺し文句が炸裂する書き下ろしも収録して、第5巻が登場!

夏川愛華に恋い焦がれていた佐城渉はある日突然気が付く。
「あんな高嶺の花と俺じゃ釣り合わなくね……?」
現実を見て適切な距離を取ろうとする渉に、愛華は思う。
「もしかして、私、嫌われたの……?」

そんな二人の学園ラブコメもシリーズ第5巻になりましたけど、とても複雑な心境が生み出した微妙な二人の距離感に見えて、「あともう1回告白をすれば絶対結ばれるだろ!!」という、とてもシンプルな解決方法をとらない煮え切らない関係がもどかしすぎます。
愛華が文化祭の作業に駆られている最中、渉はアルバイト先の後輩でクラスメイトの一ノ瀬さんと仲良くなり、二人の関係を目にした愛華が嫉妬心を抱く場面もあるけれど、渉から告白を無下にしてきた自分に対して後悔と自己嫌悪を抱き、過去の失態によって素直になれない心境が切ないです。

はてには『渉にラブレター疑惑』まで浮上し、同じクラスに在籍しているだけに愛華の胸中はかき乱されっぱなしですし。
徹底的に両片想いのシチュエーションがもたらすもどかしさを煮詰めたような青春劇を学年行事と交えて楽しませてくれるけれど、両片想いの二人にはとっとと結ばれて末永く幸せになってもらいたいという想いもあります。
まだまだ渉と愛華の青春は長く続きそうですが、今後はどんな関係を築いていくのか楽しみです。

bookwalker.jp

おけまる(マンガ、ライトノベル)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER

夢見る男子は現実主義者 | HJ文庫公式Webサイト

youtu.be