働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった3 (電撃文庫)

《あらすじ》
「じゃあユイはその旅行、行くの?」
「それは……その、まだ話せてなくて」
一人暮らしの高校生、片桐夏臣とイギリスから留学してきた隣室の少女、ユイは夏の花火大会デートを経て相手への恋心を自覚していた。だが、二人が大切な想いをどう扱うのか考える間もなく、訪れた福引で温泉旅行のペアチケットに当選してしまう。「行きたい」という気持ちはあるが、どう話して良いかわからない夏臣とユイ。それぞれの友人にも相談するのだが、気持ちはもう固まっていて――
「「……あのさ」」
居心地のよい関係を続けるのか、その先へ踏み出すのか。甘い日々を過ごしていた関係が、変化しようとしていた。

福引でもらった1泊2日の温泉旅行ペアチケット。
二人の中に育まれた恋心を少しずつ自覚をし始め、ただ、仲の良いだけの高校生男女が行くには気持ちのハードルが高いこのイベントをどう乗り越え、二人の関係を変えていくのか……。一緒に食卓を共にし、一緒に過ごす日常に居心地の良さを感じ、それがあたりまえに思えるほどに馴染みつつある二人が、胸に抱く恋心をいつ打ち明け、結ばれることになるのか。夏臣とユイ、それぞれの友人たちの粋な計らいや後押しにより、お互いに初めての恋人で奥手な部分に良い具合に起爆剤となってくれていて、二人の距離感と関係が変化していって、甘い日々がまた別の意味で甘々な日々となってイチャイチャするところもまた良きかな良きかな。
やっぱりラブコメ作品における良い友人や家族の存在って、主役たちの恋愛模様を良い方向に導いてくれるところが最高だと思います。
シリーズ第3巻ではとうとう『ウチの合鍵を渡すことになった』というタイトル回収までたどり着くことができて本当に心がほっこりしました。
これから先も、この物語が続くようであれば是非とも楽しみにしてます。
イラストレーターの“かがちさく”さんの描くキャラクターのイラストもどれも最高に映えるイラストでカラー・モノクロ問わず素晴らしいクオリティでした。


bookwalker.jp

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった(電撃文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER