働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

負けヒロインが多すぎる!2

負けヒロインが多すぎる!2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
焼塩檸檬、まさかの略奪愛……!?
夏休み後半。
たまたま喫茶店でだべっていた俺と八奈見は、驚くべき光景を目にする。
焼塩と、その思い人である綾野が2人きりで会っていたのだ。
さらには、2人を尾行する綾野のカノジョ――“勝ちヒロイン”朝雲千早ともニアミスしてしまう。
「私は光希さんと焼塩さんの浮気を疑っています」
あれよあれよと巻きこまれた俺たちは、朝雲とともに真相を探ることに。
焼塩にかぎってそんなことはと思う。
でも、2人きりのときの、あの想いがにじんだ顔は――。
はやくも人気沸騰の負け確ラブコメ、待望の第2弾!

好きだった幼なじみが自分以外の女の子と付き合うのを目にする負けヒロイン。
そんな負けヒロインから幼なじみの男の子を奪い取った勝ちヒロイン。

「まだ好きだから、諦めきれない……」
「自分が綾野と別れれば、よかったのかな……」

ハーレムルートなんて都合の展開もなく、恋に破れたヒロインがあと腐れなくスパッと関係を割り切れるわけでもなく、ただどこまでも初恋を引きずり続けてもがいて苦しみ続けていく。
清々しい読後感よりも、この作品のタイトルにもある『負けヒロイン』を軸に描かれる独特の展開が目を引く物語となっていて凄く面白い作品でした。




bookwalker.jp

負けヒロインが多すぎる!(ガガガ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER