働きたくない村人のラノベ日記

ラノベの感想ブログ。開設2014年5月30日

凶乱令嬢ニア・リストン 1 病弱令嬢に転生した神殺しの武人の華麗なる無双録

《あらすじ》
病弱美少女に転生した英雄、最強令嬢となって無双する!!
武を極めたバーサーカー令嬢の最強転生ファンタジー!

「どうせなら、戦って死にたかった」

かつて神殺しをも成し遂げた大英雄がいた。強すぎた彼女は死の間際、自分を殺せるほど強い相手と出会うことを夢に見る――
その結果、待ち受けていたのは病弱な貴族令嬢への転生で!?
未来の世界で美しくも弱すぎる令嬢ニア・リストンとなった彼女は、第二の人生でも強者を求めて楽しく戦いに身を投じていく!

「――アッハハ! ほらほら! 早く構えないと蹂躙するわよ!」

病によって死んだところを英雄の魂が入ったことで蘇り、かつての世界で焦がれていた強者との戦いを求め、第二の人生で転生した病弱美少女の身体でも強さを磨きあげ戦いに身を投じていく。
ざっくりとしたジャンル分けをするなら『転生』『ファンタジー』『チート無双』などの要素が含まれている作品ですかね。
王道ジャンルを作品でしたけれど、転生した先が『美幼女』で『病弱』の設定からまだ年齢的に幼く親の庇護下で暮らす家庭環境、なおかつ病に伏していたため身体的に制限が課された状況下での生い立ちが描かれていて、そこが少し新鮮味がありました。
王道ジャンルのなかでもこうした細かいところで独自路線を突き進むことで、ストーリーのなか展開を一つとっても他の作品には見られない独創的な光景が生まれるのでそこが良かったです。

だって、『幼女』が『笑顔』で『返り血を浴びながら』『蹂躙を楽しむ』作品がこれまで他にありましたか?(たぶんない!!)

そんな感じで、病弱な貴族令嬢が最強へと駆け上がる姿を描いた無双作品でとてもおもしろかったと思います。
2巻が出たらぜひとも読んでみたいです。

bookwalker.jp