働きたくない村人のラノベ日記

ラノベの感想ブログ。開設2014年5月30日

灰原くんの強くて青春ニューゲーム 3

《あらすじ》
二人きりの夏の夜、彼女の口から零れた言葉は――

詩からの積極的なアプローチを受け、心が揺れてしまう夏希。
そんな中、仲良しグループ内で夏休みの旅行計画が持ち上がる。
美織とその友人も加えて計八人での計画が進む一方、普段から門限の厳しい陽花里は旅行に参加出来るか思い悩んでいた。
それでもなんとか親の説得を試みる陽花里だが……

「――わたし、家出したの。だから、もう門限はないんだ」

みんなの人気者である彼女が隠していた素顔と秘めた想いを知るうちに、夏希と陽花里の関係は大きく変化していく――!

詩から向けられる好意を込めたアプローチ、夏希が1週目の頃から片想いをしている陽花里の存在。
そして、高校デビューをした夏希をサポートする幼馴染みの美織が恋のゆくえ。

2周目の青春で高校デビューをはたした夏希のかつてのクラスメイトとの交友関係も大きく変わり、仲良しグループ内の何気ない仕草や言葉の端々に好きな相手を愛しむ感情が込めれている様子がとても青春要素を感じられて良い作品でした。

ずっと見ていればわかる。自分が好きな相手が誰を見ているのか……
仲良しグループで一緒にいる時間が長ければ長いほど、はっきりと言葉にしなくてもおのずと好意を抱いている相手が誰なのか伝わってくる。
そんな高校生たちの甘くもほろ苦い恋愛模様がまた何とも言えない味わい深さがありました。
そして、夏希の幼馴染みの美織の恋路も物語のなかで明言はされていませんけど、変化の兆しが……。
夏希あが誰を選ぶのかも気になるところではありますけど、彼を中心とした仲良しグループの恋愛模様も注目してこれからの展開を楽しみにしたいと思います。


bookwalker.jp