働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

死霊術教師と異界召喚

死霊術教師と異界召喚 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
死者を蘇らせ、使役する魔法学問・死霊術。名門・聖オルフェ学院に死霊術の教師として赴任したトラン・スピンタートは、授業初日から窮地に立たされていた。生徒に舐められないよう、仮面で素顔を隠し、恐怖で以て威圧した結果―「あなたは二ダブの留年生でしたね!」その過去を知る優等生・ピーシアから、教師失格の烙印を押されてしまい!?だが、世界を揺るがす大事件が起きた時、「お前の守ろうとした世界を、もう一度守るために…力を貸せ!」トランは、生徒を救うべく、世界を守護する伝説の竜を復活させ―。落ちこぼれ死霊術教師が繰り広げる異種間学園ファンタジー!

死霊術師の教師×学園の優等生が織りなす学園ファンタジー作品としては、教師と生徒の距離感で行われる講義のシーンや魔法学問について語らうシーン、はてはフランクに日常的なやり取りをするシーンまで、学園ものにおける鉄板ネタをふんだんに仕込んだ作品であり、手堅い内容でした。

“死霊術”を専門にする主人公を物語の軸に据えて展開が広がっていくだけに、それに付随したクセの強いキャラクター(死霊)の登場が掛け合いのバリエーションを生み出していて、人間と死霊の垣根を越えたコミカルなやり取りがギャグ要素にも発展していて良かった。
今作で言うところの“死霊術”と“死霊”が物語のキーパーソンになるわけだけど、いかに他の要素で遊ばせるかがある意味で読み手を飽きさせないで楽しませるにつながっていると思うのだけど、その点も含めて非常に面白い作品だったと思う。

これから先、この物語を続けて続巻まで踏み込んでいけるかどうかは売上やその他様々な要因を込みして行われるとは思うけれど、個人的にはオーソドックスで好感触の作品なので是非とも2巻を読んでみたいです。

今年もこのラノの協力者として参加するぞ

社会人になってから余暇時間が減ったけど、読むペースはそれほど落ちていないはずだから結構な対象作品を網羅できているはず。

なので、今年も頑張って良作を選んでいきたいと思います。

英雄世界の英雄譚

英雄世界の英雄譚 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
魔法使いグレンは、一〇〇年前、“聖女”リディアを助けた謎多き魔法使い“白銀の英雄”に憧れていた。だが髪の色が同じだけで、その実力は天地ほどの差があった。ある日、巨大な地震に襲われたグレンは、見知らぬ世界で気がつくと、同年代の少女が率いる一団に出逢う。解放軍のリーダーであるその少女の名はリディア。グレンは一〇〇年前に転生していたのだ。建国記に描かれていたリディアとの違いに驚きつつも行動を共にするグレン。さらに、いるはずの“白銀の英雄”は見当たらない。そしてリディアを懸命に補佐し旅するグレンの前へ、同じく転生してきた幼馴染みのジークが現れ―伝説を旅する王道英雄譚、堂々開幕!

桑島黎音さんのイラストが表紙を飾り、さらにデザイナーの力を添えたときの圧倒的な訴求力を放つカバーデザイン。店頭に並んだ時の存在感の高さで、数ある新刊群の中から思わず目に留まったので、かねてから名前を存じ上げていた著者だったけれど、今回が初となる著作。
あらすじから漂う“白銀の英雄”の正体、そして物語が進むにつれて「やっぱり白銀の英雄の正体は……」と核心に近づく流れ。ネタバレとも思えないネタバレなのでハッキリ言うと、『白銀の英雄=100年前の世界にタイムスリップした主人公』というオチ。未来に語り継がれる英雄譚は観測者の意図とその他大勢の人間の影響を受けるものだとは思うけれど、英雄を美化し過ぎた結果、100年前に解放軍を指揮した“リディア”の人間性が、虚実入り混じる人物像を創り上げていたのには笑えました。

100年前にタイムトラベルを果たして世界が辿るべき歴史を正しく導く主人公の奮闘は、敵対勢力との敗北がある種の『世界の破滅』を暗示させる物語になっていて、リディアに死のリスクがかかった突発的な戦闘のどれにも緊張感が生まれていて読み応えがあった。
やっぱり、戦闘に対しての明確な足かせが発生すると、戦闘に重みがあって良い。

“白銀の英雄”の活躍の物語に続巻が出るかどうかは定かではないけれど、王道をなぞった異世界風ファンタジー作品には是非とも続巻にまで踏み込んでもらいたい。

骨の髄まで異世界をしゃぶるのが鈴木なのよー!!

骨の髄まで異世界をしゃぶるのが鈴木なのよー!! (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

《あらすじ》
異世界に必要なのは勇者でも女神でも魔王でもない! この鈴木だぁ!! あれ山田じゃん。何か女神っぽい奴に異世界召喚されかかってるじゃん。なになに? 山田が魔王を倒す勇者? おーい山田! 面白そうな話してんな。オレが代わりに異世界行ってやるから授業のノート取っとけよ。 …あぁん? 勇者になりたいから嫌だぁ? 勧誘して魔王暗殺の訓練積ませた少年兵を『勇者』と呼ぶって、それテロリストの手口じゃん! お前ぼっちだから騙(だま)されてんだよ! おい女神、賢いオレが魔王と和平交渉して(しかるのちに異世界を支配して)やるから連れて行け! ん? お前だれ? 一味違った異世界ものを探してる読者? 仕方ない、一緒に来いよ。でも拾ったアイテムとかは全部オレのね!!

純度100%のクズ。建前なしの本音のみの言動。女神を言葉巧みにだまして山田の代わりに異世界に行こうとする鈴木の行動からは、ある種のNTR属性を臭わせる不可思議な感覚に襲われる。冒頭からの主人公が山田→鈴木にチェンジのインパクトもさることながら、口が上手ければどんな環境下でも順応して生き延びることができることを改めて感じさせられました。もっとも、異世界で鈴木の魔の手にかかる人間たちがこぞって“アホ”なのも原因があると思うけれど……

異世界では『職業』『スキル』などのシステムが公然のものとして扱われるなかで、『騎士』『聖騎士』『盗賊』の職業がもつ個性とそれに絡めた展開も織り交ぜられていて、“世界の命運を握る魔王との戦い”といった本筋に絡んでくるものや“盗賊の鑑定眼スキルで食材の性質を鑑定して食レポをしよう”みたいなネタにも広げられていて、幅広く“異世界”のもつ物語の醍醐味を楽しませてくれる作品でした。

また、現代日本から異世界に召喚させられる作品には珍しく、異世界から現代日本に帰還するまでも少しながら描かれていて、ファンタジー世界の住人を現代日本のハイテク技術の宝庫に招き入れたときのコミカルなやり取りが、これまでにあまり見たことのない新鮮な光景として映りました。

アマゾンレビューでは星1つ★☆☆☆☆の評価でおさまっていたけれど、個人的には星3つ★★★☆☆くらいには手堅く楽しめる作品だと思いました。

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
隠れオタク」として高校デビューを果たした村上政樹は、「隠れ腐女子」の長島薫子と「偽装恋人」関係を続けていた。二人とも相手が実はオタクであることを知らぬまま。自分がオタクであることをバラさないよう、慎重に。そんな状況ではあったが、デートの約束も取り付け順調に恋人としてのイベントを積み重ねる二人。だが、二人が本当に楽しみにしていたイベントは別にあった。それこそがオタクの祭典、同人誌即売会!オタクの血が騒ぎ、理性を失う空間。そこで二人は同時に居合わせてしまい…。そして、同人誌即売会後に初デート当日を迎えることに!?政樹と薫子の「偽装恋人」関係と彼らの「秘密」の行方は!?

隠れオタク』の男子高校生と『隠れ腐女子』のお嬢様の偽装恋人関係が、隠そうとすればするほど限りなくゼロ距離の平行線をさまよっていて、「いい加減にお互いに気づけよもどかしいな!」と外野から背中を押したくなるオタク同士の青春ストーリー。

地方住まいの隠れオタクなだけに、『地元でオタクグッズを購入するところを知り合いに見られるリスクを犯すくらいなら遠方にまで足を運ぼう』『コミケの期間は何故かお互いに都合よくスケジュールが合わなくて、恋人同士でデートをするよりもコミケ優先』。同じようなスケジュールで動く二人の行動をあえて両者の視点で描くことで、『奇跡的にお互いの存在がバレない距離感』が強調されていて、かつお互いがオタクであることを正直に認め合えば両想いのままストレートにゴールインだろうに! というもどかしさのダブルパンチに襲われて、読んでるこっちもドキドキしちゃいます。

二人の青春模様を描いた恋愛ストーリーとして括るには、山場を明確に実感できるエピソードが薄い印象。しかし、ひょんな誤解が二人の偽装恋人関係をより強固で面倒くさいものに変えているこの物語においては、コント半分恋愛半分の案配で楽しめる面白い作品であることは断言できる。

あのねこのまちあのねこのまち 壱

あのねこのまちあのねこのまち 壱 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
駅では電車が素通りし、地図にあるのにたどり着けない町、夕霧町。びっしりと生えた大根が道を塞ぎ、地蔵が抜け道を教えてくれるこの町には、一匹の猫がいた―。ポルターガイスト現象に悩む高校生・墨染幸一は、たまたま夕霧駅に降り立ち、相談屋を営む少女・フミと出会う。彼女の店にはいつもフシギな相談が。影が消えたり、角が生えたり…。「私は何でも解決出来るからね」と笑うフミに振り回され、幸一もおかしな町を駆け回る!ヒトもアヤカシも恋も呪いもハッピーエンドにするために!!しかし、やがて幸一は知る。のんきに茶をすする彼女の、あくびに隠れた哀しい祈りを―。とっても愉快でちょっぴり切ない、脱力系お悩み解決ファンタジー!
第6回講談社ラノベチャレンジカップ《大賞》受賞作品

人間の暮らす世界に寄り添うよう妖たちの存在。平凡な日常の光景からちょっとした不思議な出来事に潜む妖の存在を嗅ぎつけては、原因の究明と解決に駆け回る相談屋の少女で猫又のフミと人間の少年である幸一のほっこりしたやりとりに脱力感が漂う日常系ファンタジー。

妖=人間に害を為す存在、この固定概念からぶっ壊していくことで、“夕霧町”をはじめとした妖たちが暮らす世界にたどり着くために必要なオカルト染みた手順や、猫又のフミを通じて交流を深めていく他の妖たちの存在を受け入れるにあたり、『あのねこのまちあのねこのまち』の持つ世界観になぞらえた価値観で認識することができた。
もっとも、『外見が人型で猫又なだけに猫耳美少女じゃないか!?』という認識が先行して、メインヒロインの持つ強力無比な属性。その後に登場するイラスト付きの妖キャラクターたちがこぞって人型だったために比較的に受け入れやすい内容でした。

人間と妖の住む世界の境界線を越えることも、比較的に容易であること。フミが幸一の自宅を訪れて幸一の悩み相談を解決する光景や、幸一がフミ以外の妖が暮らす世界に足を踏み入れる流れによって、その先の物語の流れを作るうえでの足掛かりにもなり、なおかつ人間と妖の暮らす世界の間にある近くて遠い不思議な距離感が幻想的でよかったです。

講談社ラノベチャレンジカップの大賞の座にふさわしい良作で、最後までライトノベルとして味わうにふさわしい結末だったことは宣言しておきたいと思います。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)

《あらすじ》
エルム共和国を成立させ、通貨の発行によってその基盤を確かなものとした超人高校生たち。だが、異世界の人々に国を委譲するための選挙を始めようとした矢先、亡国“ヤマト”の皇女カグヤが現れた。エルムの基本理念『万民平等』をタテに、帝国に苦しめられている自分たちへの援助を求めてきたのだ。司は旧ヤマト領の扱いについて帝国への介入を始めようとするが―「俺はその方針には反対だ」勝人が地球への帰還を優先するため、帝国元帥ネウロとの敵対を避けるべきだと言い出し、超人高校生たちの間に不協和音が流れ始める!激動の異世界革命物語第5弾!!

才気あふれるがゆえに想定しうる未来に生じる可能性を考慮し、自分たちの最終目標である『日本への帰還』と異世界の『万民平等の価値観』を天秤にかけるまでの思慮深さにつながる。政治家としての手腕でこれまで集団の指揮を執ってきた超人高校生の司、そして、実業家として活躍していた勝人の意見の決定的な食い違いがとうとう生じてしまい、物語の大きな岐路に立ってきたという感じでした。

これまでのシリーズを通してみても、率先して行動の方針を建て、強敵たちが死に際に司に放った意味深な発言の数々が、司を中心に物語が動く雰囲気を演出していて、“この作品の主人公”という印象が強かった。しかし、『万民平等』と『民主主義の概念』を世間に広めるにあたって大きく貢献してきた勝人の存在や、それを陰で支える多くの超人高校生の活躍を見ていると、それぞれのメンバーだけで主人公を名乗れるくらいに存在感を放っていると思うことがある。

その最たる例が実業家の超人高校生である勝人なのだけど、キャラクターのひとりひとりの存在感が埋もれることなく、バランスよく物語に絡めてナチュラルに印象付けているところもあって、超人高校生たちの個性を十全に活かした作品だと感じられました。

『落第騎士シリーズの作者』のネームバリューだけでも安心の作者買いができる満足度。司と勝人の二人が別々に行動することで、今後どのような展開になるのか。『日本への帰還方法』に目処がついたなかで、異世界の常識を大きくゆがめてきた超人高校生たちはどんな結末を導いてくれるのか。大きな岐路に立たされたなかでこの先どうなるのかが、一人のファンとしてこの上なく楽しみです。