働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生少女の履歴書 4

転生少女の履歴書 4 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
リョウが学園に入学して、早くも4年が過ぎた。友人も多くでき、商人としても成功しつつ、順風満帆な日々。ある日、大雨の影響で、魔物から国を守っていた結界が壊されてしまう。結界から出てきた魔物達が、リョウ達が過ごす学園を襲う。避難場所である講堂へ向かい、他の生徒や先生と合流すると、シャルロットがいないことに気づく。リョウ、アラン、リッツ、カテリーナ、サロメの5人は、シャルロットを救うために魔物がいる講堂の外へ出ることを決意するのだが―。

リョウが学園で成し遂げた功績と人脈の集大成が、学園に突如襲った魔物の襲撃への対処に赴く人員構成に多大な影響を及ぼし、魔法使いとそれ以外の人間の間に根付く固定概念を打ち破る。かねてから『約束された勝利のリョウ』の異名をもつ主人公なだけに、行動力と決断力が人目を惹く存在ではあったけれど、有事の際に率先して問題の解決に挑む姿とトラブルへの対処法を検討するときの視野の広さには恐れ入る。
魔物の襲撃に際しての打開方法もリョウをよく知る学友を盛大に巻き込ん大騒動になっていて面白かったです。
リョウがひそかに発見した魔法の存在が今後どんな活躍を見せてくれるのかも楽しみだし、何よりもリョウの秘密を唯一知ることになったアランとの関係がどう転んでいくのかも見どころ。新刊が楽しみです。